1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 人権尊重と責任ある調達
  4. サステナブルで責任ある調達の推進

サステナブルで責任ある調達の推進

資生堂は、有限な自然資源を活用し事業活動を展開しています。そのため、環境保全や生物多様性の観点から資源の使用量削減や再利用など、サプライチェーンにおける持続可能な原材料調達に責任をもって取り組むことが重要と考えています。また、人権侵害などの問題の対応を強化する必要があり、この解決には、自社だけではなくサプライヤーとの協働が不可欠です。

2020年に、資生堂は森林保全や人権の観点から対応が求められている原材料(パーム油・紙)の中期目標を開示しました。サプライヤーアセスメントプログラムをグローバルに展開し、課題解決に向けてさまざまな取り組みを進めています。

持続可能な原材料の調達

製品の原材料の生産地では、乱開発による環境破壊や、そこで働く人たちの人権問題などが懸念事項になっています。特にパーム油や紙は生物多様性への影響が重大なため、企業の積極的な対応が求められています。2020年、資生堂はパーム油・紙について中期的な目標を開示し、持続可能な原材料への切替えを進めています。マイカに関しては、自社での調達方針を明確にし、他企業と協働した生産地でのサポート体制の構築などを通じて、生産地域の問題解決に向けた取り組みを強化しています。

生物多様性

私たちの生活や産業の基盤となっている「生態系サービス」は、食糧生産や水源涵養、観光資源として経済を支えているだけではなく、「生理活性物質の探索」や「バイオミミクリー」など新たなイノベーションへの活用としても期待されています。

資生堂の事業は、地球の恵みと豊かな生物多様性に支えられています。自然から得た原材料から化粧品をつくり、使用後の成分が無害な形で再び自然に還る「循環」を前提としたビジネスを理想と考えています。

それには、従来から大切にしてきた「品質」「安全性」「効果」という価値に加えて、世界各地に拡大するサプライチェーンにおいて課題を見渡す力と、未来へ向けて環境変化を予測する視野を合わせもつことが、「持続可能性:サステナビリティ」という新しい価値の確立に重要なことと認識しています。

生物多様性の宝庫である熱帯雨林が木材パルプやパーム油の生産によって破壊されることを止め、貴重な「生態系サービス」を後世に残すとともに、熱帯雨林に蓄積された炭素が大気中に放出されることを抑制し気候変動を緩和すること、それはサステナブルな未来と資生堂の持続的な成長にとっての必要条件であると信じています。

パーム油

パーム油はその汎用性の高さから、食品から化粧品までさまざまな製品に使用されています。年々使用量が増え、特にアジアにおける熱帯雨林破壊の最大の要因のひとつとされています。パーム油は、森林保全や生物多様性という環境課題だけでなく開発に伴う人権問題も発生しており、持続可能な責任ある調達が求められています。

資生堂は、この取り組みの一環として2010年に国際的な非営利団体であるRSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil)※1に加盟しました。2018年からはパーム由来原料の100%に相当するRSPO クレジット購入を開始し、2020年には「2026年までに100%サステナブルなパーム油の調達を達成」という中長期的な目標を開示しました。物理的な認証パーム油への切替え(マスバランス方式以上)を行うため、資生堂グローバル本社と地域事業本社の主要部門が連携し、対象原料をリストアップし、2026年までのロードマップ、切替え・トラッキングするスキームを策定しました。

RSPO

実際の切替えにあたっては、パーム油配合の原料ごとに、対象サプライヤーと協働し認証品への切替え可否の確認を行い、切替え可能時期を設定しました。さらに、パーム油配合率の高い原料から、RSPOの物理的なサプライチェーンモデルによる認証原料への切替えを実施しました。また、物理的なサプライチェーンモデルの認証原料を取り扱うため、全自社工場でのRSPOサプライチェーン認証(SCCS)の取得を進めました。2019年12月より稼働した那須工場では2021年に認証を取得し、SCCS取得工場は合わせて11工場となりました。認証パーム油を取り扱うサプライヤーも同様の条件が必要なため、サプライヤーにおける認証取得への理解促進と依頼は完了しています。

他企業との課題解決に向けた協働・取り組み強化のため、食品・消費財メーカーや小売業者が加盟する国際的な業界団体CGF(The Consumer Goods Forum)の日本のパーム油ワーキンググループに参画し、2019年にはJaSPON(Japan Sustainable Palm Oil Netwok)※2に加盟しています。これらの継続的な活動を通して、日本市場における持続可能なパーム油の調達と消費の促進に寄与し、パーム油に関わる環境問題や社会課題の解決に貢献していきます。

  1. ※1:RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)
  2. ※2:JaSPON(持続可能なパーム油ネットワーク)

資生堂は、資源の持続可能な利用と海洋プラスチックゴミ問題の解決を目的として、化粧品の容器包装へのシングルユースプラスチックの使用を可能な限り削減するため、2次包装の紙化を積極的に進めています。2020年に調達した化粧品カートンのうち、およそ90%を紙製にしました。

また、資生堂はカートンだけでなく能書や製品容器包装に使用される紙について、2023年までに100%サステナブルな紙を使用することを目指しています。2020年は、環境対応を図りながら高いデザイン性を追求した原紙を開発するなど、環境対応紙への切替えを推進し、64%(重量ベース)を持続可能な紙に切り替えました。化粧品には、環境配慮だけではなく美しいデザインや重量に耐えうる強度などさまざまな特性が求められます。製紙メーカーとの協働により、こうした優れた特性や新しい機能の紙製容器包装のイノベーションにも取り組んでいます。販売台やハンディバッグ、リーフレットなどの紙器類の販促物、オフィスにおけるコピー用紙についても、持続可能な紙への切替えを推進しています。

  • FSC認証紙と再生紙の合計の割合は51%(重量ベース)
FSC-認証のある「エリクシール」の外箱

FSC-認証のある「エリクシール」の外箱

マイカ

マイカは、美しい光反射や耐熱性から、美容関連産業だけではなく幅広い産業で使用されています。資生堂は、2017年5月にRMI(Responsible Mica Initiative)に加盟しました。RMIは、数多くの参加企業およびNGOなどと協力し、2022年までにインド産マイカの採掘現場から児童労働や強制労働を撲滅し、持続可能なマイカ生産の確立を目標に掲げています。

Responsible Mica Initiative

2020年は、NGOやインド政府などと連携し、80の村の1,166世帯に対して農業・畜産などの代替的な生計手段を通じた収入源の改善や、学校に通えない子どもたちのうち44%以上の定期的通学の実現、栄養失調児のうち50%以上の子どもたちが適切な栄養を摂れるように支援しました。資生堂は、RMIのトレーサビリティとワークプレイススタンダードの2つの活動グループに参加し、インドにおけるマイカサプライチェーンのトレーサビリティ向上、児童労働を含めた労働環境の改善を目指した活動を支援しています。

ステークホルダーとの対話

サステナブルで責任ある調達や、事業活動全体での人権尊重のために、資生堂はさまざまなステークホルダーと環境・社会の課題について対話し、情報共有や解決に努めています。

●NGO・NPOやパームヤシ小規模農家との協働

パーム油調達における人権問題を把握するために、2019年には経済人コー円卓会議日本委員会がインドネシアで主催したステークホルダーエンゲージメントプログラムに参加しました。NGO・NPOや小規模パームヤシ農家との対話を通じて、パーム油生産に関わる人権リスクや人権侵害、労働問題について理解を深めました。人権尊重の責任を果たす企業として、さまざまなステークホルダーとの対話をもとにエシカルなサプライチェーンの構築に努めていきます。

●人権専門家との協働

2019年10月、ワールド・ベンチマーキング・アライアンス(WBA)/企業人権ベンチマーク(CHRB)、大手調査会社のVerisk Maplecroft、そしてビジネスと人権とサプライチェーンに関するインドの専門家(Rishi Sher Singh氏)と対話し、当社における人権デューデリジェンスの進め方について助言をいただきました。こうした助言とSAQなどによる調査結果をサプライチェーンを通じた今後の取り組みに活かしていきます。

長崎県での植林活動

五島列島の耕作放棄地において、サステナブルで責任ある原料調達と社員の教育啓発を目的として、地域住民の協力のもと椿の保全・育成を行いました。9年間(2011‐2019年)で352名の資生堂社員がこの活動に参加し、738本(0.194ヘクタール)のヤブツバキの苗を植樹しました。

長崎県での植林活動

フランスの工場でのミツバチ保護活動

多くの作物が受粉をミツバチに頼っていますが、欧州ではミツバチの減少が懸念されています。そこで、フランスのバル・ド・ロワール工場およびジアン工場では、ミツバチの保護と地域の生態系の保全をサステナビリティ計画に盛り込んでいます。ミツバチの巣箱を設置するとともに、工場敷地内での農薬の使用を禁止しました。設置したミツバチの巣箱からは、1年間で約125kgのハチミツが生産されました。

  • 参考
  • 一つの巣箱には冬に約15,000匹、夏に約50,000~80,000匹のミツバチが営巣している
  • 毎年600瓶のハチミツを社員に配布している
フランスの工場でのミツバチ保護

責任ある調達

エシカルなサプライチェーンの方針・活動

企業が持続的に発展していくためには、経済価値だけでなく社会価値の観点からも社会に貢献していかなければならない、と資生堂は考えています。すべての事業におけるサステナブル持続可能な原材料調達を通じて、人権の尊重と環境の保全に取り組むことは私たちの務めです。

エシカルなサプライチェーンを実現するために、「資生堂グループ サプライヤー行動基準」、「資生堂グループ 調達方針」、「資生堂グループ持続可能な原材料調達ガイドライン」を遵守し、また定期的にサプライヤー評価や監査によるモニタリングを行い、サステナブル持続可能な原材料調達を推進してきました。

さらに、ステークホルダーとの課題の共有・解決に努めるとともに、国際的な人権の専門家や原材料産地で働く方々との対話を図り、専門的な知見に基づいた責任ある調達の活動に取り組んでいます。

近年、社会課題や環境問題の深刻化に伴い、企業に対して各国法令の遵守はもとより国際条約や国際規約を尊重し、サプライチェーン全体でサステナブルな世界の実現に取り組むことが強く求められています。そのため、資生堂では調達に関する基準と方針などを定めています。

資生堂グループ サプライヤー行動基準

国連グローバル・コンパクトに参加したことを契機として、2006年に「資生堂グループ サプライヤー行動基準」を策定しました。この行動基準は、人権、法令遵守、労働慣行、知的財産の保護、機密の保持、環境保全、公正な取引に関する規範を明文化したもので、私たちと取引のあるすべてのサプライヤーに対して遵守を求めています。サプライヤーと協同して持続可能な調達を実現するべく、定期的に調査・監査を通じたモニタリングを実施しています。サプライヤー行動基準に違反していることが判明した場合には、是正要請、是正指導、支援を実施しています。

資生堂グループ サプライヤー行動基準(2019年6月発行版)[ PDF : 1.09MB ]

資生堂グループ 調達方針

私たちは、お客さまに満足いただける安全で優れた製品を提供するために、すべてのサプライヤーを尊重し、社会・環境面に配慮した持続可能な調達の実現を調達方針として掲げています。コストや品質といった経済価値に紐づく項目に加えて、公正な取引、法令順守、異なる文化や価値観の尊重、人権尊重、環境配慮といった社会価値の共創に向けた方針を宣言しています。

資生堂グループ 調達方針[ PDF : 241KB ]

資生堂グループ 持続可能な原材料調達ガイドライン

原産国において環境・人権問題が深刻化している可能性が高いと判断した原材料については、問題への不関与を第三者認証された原材料への切り替えや、国際的なイニシアティブへの参加による問題解決を進めています。そのなかでも近年、森林破壊や労働問題が強く指摘されたパーム油由来原料と紙について問題解決に向けた目標と手段を明確化し、持続可能な調達を実現するためのガイドラインを策定しています。

資生堂グループ 持続可能な原材料調達ガイドライン [ PDF : 97.9KB ]

当社取扱品目とサプライヤーの概況

当社取扱品目

取扱品目は当社製品(化粧品、パーソナルケア製品、医薬事業)に関するパッケージ・化粧用具(樹脂、ガラス、紙、金属などの素材および加工品)、原材料、香料などの生産用材、販売支援ツール(POP類、プレミアムなど)およびOEM調達品、生産委託です。

サプライヤー概況

資生堂は「資生堂グループ 調達方針」にある「よきパートナーシップの構築」、「公正な購買取引」、「契約の履行」、「責任ある調達の推進」、「多様な価値観の尊重」という理念に基づき、世界各国・地域のサプライヤー900社以上※1、2と取引を行っています。

  • ※1:同一グループ会社は1社とカウント(1次サプライヤーのみ)
  • ※2:カテゴリ間で重複する場合は、1社とカウント

地域・カテゴリ別サプライヤー分布

サプライヤー製品カテゴリ別内訳

  • ※3:販売ツールサプライヤーおよび生産委託サプライヤーの合計。販売ツールについてはグローバル本社のサプライヤーのみが含まれる

サプライヤー所在地域別内訳

クリティカルサプライヤー

クリティカルサプライヤーの特定

資生堂では、毎年1回下記の通りクリティカルサプライヤーを特定しています。

クリティカルサプライヤー

クリティカルサプライヤー数


サプライヤー数
1次 250社
1次以外 31社
合計 281社
  • 全リージョン購買部と取引のあるサプライヤーと生産委託サプライヤーの合計

お取引までの流れ

お取引までの流れ

サプライヤーアセスメント

資生堂は、持続可能なサプライチェーンの構築と責任ある調達の実現を目指し、サプライヤーアセスメントを毎年行っています。ハイリスクサプライヤーの排除を目標とし、特にクリティカルサプライヤーのアセスメントを優先して実施しています。
資生堂では、新規取引先の場合、まず信用度調査、経営方針・姿勢ならびに機密保持の信憑性などの確認を行い、「資生堂グループ サプライヤー行動基準」への同意が得られたサプライヤーとのみ購買契約を締結しています。取引開始後は、Sedex※1/EcoVadis/資生堂SAQ※2のいずれかの評価法で※3で、年に1回評価を実施し、サプライヤーのサステナビリティに対する取り組み状況やリスクを把握しています。
これらの評価結果をふまえ、サプライヤーをリスクの程度に応じてローリスク、ミドルリスク、ハイリスク、評価不能の4つに分類し、ハイリスクに分類されたサプライヤーについては、フィードバックを通した問題の是正要請を行っています。
また、アセスメントの結果やサプライヤーの重要性などをふまえ対象を選定し、第三者機関による監査や当社社員による訪問も実施しています。なお、回答不足や未回答により評価ができない場合、再回答の依頼や、回答の要請を行うなどの対応を実施しています。

  • ※1:2017年8月加入
  • ※2:Self-Assessment Questionnaire
  • ※3:Sedex、EcoVadisのいずれにも加入していないサプライヤーについては、資生堂SAQを実施

サプライヤー監査について

資生堂では、サプライヤーアセスメントの結果やサプライヤーの重要性、取引の状況などを考慮して監査の対象を選出し、第三者機関による監査を実施しています。まず、対象となったお取引先には監査の目的や対象を説明し、監査に必要な書類の準備を依頼しています。監査の当日は、現場視察に加え、労働者インタビュー、必要書類の検証が行われます。監査により発見された課題については、是正計画書の策定を依頼し、その後、計画書に沿って課題が是正されているか確認を行っています。

資生堂のサプライヤーアセスメントフロー

資生堂のサプライヤーアセスメントフロー

サプライヤーアセスメント実績

2018年度までは、グローバル本社が取引を行う生産用材、販売ツール、OEM調達品サプライヤーに対し、評価を実施しました。2019年度には、地域を拡大し、欧州地域本社が取引を行うサプライヤーに対しても評価を開始しました。
2020年度はアセスメントのスコープをさらに拡大し、調達カテゴリでは、生産用材、販売ツール※1、OEM調達品、生産委託を扱うサプライヤーを評価、地域についてはグローバルスコープで評価を行いました。また、対象スコープの拡大に伴い、KPIや目標を再設定しました。

  • ※1:販売ツールを取り扱うサプライヤーについては、グローバル本社、中国地域本社、欧州地域本社が取引を行うサプライヤーを評価しました。ただし、欧州地域本社については一部のサプライヤーのみが評価の対象となっています

1次サプライヤーについては、791社※2に対し評価を行い、アセスメント比率は94%でした。また、2次クリティカルサプライヤーについては15社を評価しました。

  • ※2:同じグループの会社は1社としてカウント

(KPI1)サプライヤーアセスメント比率(一次サプライヤー、数ベース)


2018 2019 2020 2021
(目標)
2023
(目標)
サプライヤーアセスメント比率(アセスメント社数) 89%(229) 72%(356) 94%(791) 70% 80%
  • アセスメント対象に対する比率

(KPI2)クリティカルサプライヤーのアセスメント比率(一次サプライヤー、数ベース)

  2019 2020 2021(目標) 2023(目標)
クリティカルサプライヤーアセスメント
比率(%)(アセスメント社数)
77%(131) 96%(239) 100% 100%

リスクの特定とリスク低減に向けた取り組みについて

2020年度、ハイリスクサプライヤーは132社となりました。特定された主なリスクは、避難訓練の未実施、労働安全衛生委員会による巡回の未実施、社内規定の欠如などで、すべてのハイリスクサプライヤーに対して訪問やオンラインで課題を説明し、是正を要請しました。具体的な是正措置としては、職場の安全衛生巡回の定期的な実施、サステナビリティ部門の設置や社内規定の整備などがあり、アセスメントの結果を通じて課題が是正されていることを確認しました。

また、リスクが高いクリティカルサプライヤーを中心に22社は監査を実施しました。監査を通じて、機械の定期点検や化学物質の管理に関する課題などを確認し、サプライヤーに対しては、定められた期間内に課題を是正するよう依頼しました。

フィードバック、監査を通じて是正を要請した結果、12カ月以内に30社が是正を行い、ハイリスクからミドルリスク以下にリスクレベルが下がり、改善が確認できました。なお、2次クリティカルサプライヤーについては、15社をアセスメントしましたが、ハイリスクサプライヤーは存在しませんでした。

  • コロナウイルスの拡大に伴い、優先的にオンライン面談を実施しました

2020年度ハイリスクサプライヤーへの対応

ハイリスクサプライヤー 132社
フィードバックを実施したサプライヤー 132社
監査を実施したサプライヤー 7社
是正措置プランを実施したハイリスクサプライヤー 31社
監査・フィードバックにより評価が改善したハイリスクサプライヤー 30社

2020年度監査実績

  ハイリスク ミドル・ローリスク
クリティカルサプライヤー 2 15
非クリティカルサプライヤー 4 1
合計 6 16

サプライヤーとのパートナーシップ

購買方針説明会の開催

資生堂は、時代の変化や社会からの新たな要求に応えていくためにも、調達に対する考え方について、サプライヤーにタイムリーで的確な情報共有が重要であると考えています。従って、購買方針について周知を図ることを目的に、グローバル本社、中国地域本社における調達部門において、毎年1回、サプライヤーとの「購買活動方針説明会」を開催しています。グローバル本社の調達活動部門では、原香料、材料、間接材の各領域における購買方針やさまざまな業務、依頼事項について直接お伝えするとともに、サプライヤーからの質問事項、要望に応える場として活用しています。
グローバル本社では、2019年度は209社のサプライヤーにご参加いただきました。中国地域本社では89社のサプライヤーにご参加いただくことになり、志を同じくするすべてのサプライヤーを尊重し、お互いの持続可能な発展に努めていきます。

購買方針説明会の開催

「Shiseido Suppliers’ Award」の開催

資生堂は、購買方針に対し高いパフォーマンスを発揮していただいたサプライヤーを招待し、毎年「Shiseido Suppliers’ Award」を開催しています。2019年度は、横浜・みなとみらいに4月にオープンしたばかりの「S/PARK(エスパーク)」にて開催し、43社にご参加いただきました。また、QCDEST視点で特に評価が高かったサプライヤーを表彰し、2019年度は5社を表彰しました。サプライヤーに感謝の意をお伝えし、資生堂の未来を共有すると同時に、パートナーシップ強化に努めています。

「Shiseido Suppliers’ Award」の開催

「Shiseido Suppliers’ Award」の開催

グローバルでの購買連携とバイヤー向け教育

グローバルでの購買連携

資生堂はグローバル各拠点の購買責任者が一堂に会する「SIPM(Shiseido International Procurement Meeting)」を毎年開催しています。目先の課題共有だけでなく、中長期的な目標を共有し、グローバルでの購買戦略を討議しています。また、この場を通して、サステナビリティ活動のグローバルへの浸透も進めています。

グローバルでの購買連携

バイヤー向け教育

会社全体で責任ある調達を実行するため、資生堂では購買部門の社員を対象に、さまざまな研修を積極的に行っています。

サステナビリティと持続可能な調達に関する教育(2019年12月)

サステナビリティと持続可能な調達に関する教育(2019年12月)

購買部門における教育実績

日時 教育テーマ 参加対象
2019年9月 責任ある調達とサプライヤーアセスメントプログラム
(社内セミナー)
欧州地域本社
バイヤー
2019年10月 ビジネスとヒューマンライツに関する国際会議
(経済人コー円卓会議日本委員会)
グローバル本社
サステナビリティ担当者
2019年11月 サプライチェーン労働・人権監査研修
(外部コンサルタント及びNPO)
グローバル本社
カテゴリ責任者、
サステナビリティ担当者
2019年12月 RSPO及びパーム油に関するセミナー(外部講師) グローバル本社
原香料購買のバイヤー
2019年12月 サステナビリティと持続可能な調達(外部講師) グローバル本社
サプライヤーマネジメントに関わるバイヤー
2020年5月、10月 サステナビリティにおける課題と機会に関する社内勉強会 欧州地域本社
購買部門
2020年11月 RSPOの概要・RSPO認証品の調達に向けた社内勉強会 グローバル本社
パーム油の調達に関わる
バイヤー
2020年12月 責任ある調達に関連した動向、
サプライヤーアセスメントに関する意見交換会(外部講師)
グローバル本社・中国地域本社
サプライヤーアセスメントに関わるバイヤー

(KPI)購買部門のESG教育受講率(部門教育)

  2019 2020 2022(目標)
購買部門社員ESG教育受講率 85% 86% 90%

サプライヤー向けの通報・相談窓口

近年、人権問題やコンプライアンス違反などへの適切な対応が重要視されていますが、資生堂では、2013年よりサプライヤー向けに書面やeメールによる通報・相談窓口「ビジネスパートナーホットライン」を設置しています。2020年は、コンプライアンス違反に相当する案件はありませんでした。

CDPサプライヤーエンゲージメント表彰

資生堂は、国際的な環境NGOのCDPから、サプライチェーン全体での温室効果ガス排出量の管理やリスク低減に向けた取り組みが高く評価され、2020年の「サプライヤーエンゲージメント評価」において、最高評価である「リーダーボード」に選出されました。今後も、サプライヤーとの協働を通じて環境負荷軽減活動を積極的に推進していきます。

CDP