1. Home
  2. 資生堂EMEA

資生堂EMEA

資生堂EMEAについて

資生堂EMEAは、グローバルで展開しているフレグランスブランドのDolce&Gabbana、ELIE SAAB、ISSEY MIYAKE、narciso rodriguez、Serge Lutens、SHISEIDOフレグランス、Tory BurchおよびZADIG & VOLTAIREの事業展開、ならびに厳選されたメイクアップおよびスキンケアブランドのbareMinerals、BUXOM、Clé de Peau Beauté、Drunk Elephant、Laura Mercier、NARSおよびSHISEIDOの販売を担当しています。
資生堂EMEAはフレグランス センター・オブ・エクセレンス(CoE)の拠点です。同センターでは、高く評価されている資生堂の科学的手法と革新的なテクノロジーを用いて、グローバル市場に向けたユニークで新しいフレグランスを生み出しています。フランスのオルレアンに程近いオルム市に設置されたヨーロッパイノベーションセンターで、資生堂のフレグランスおよび香りに関するすべての研究が進められています。ほぼすべてのフレグランス商品が、フランスのコスメティックバレーに位置する2つの資生堂EMEAの工場で生産されています。
資生堂EMEAは、ヨーロッパ、中東およびアフリカの88か国を網羅する10の支社におよそ4,500人の社員を擁しており、地域本社はパリの一等地に位置しています。

私たちのミッション

Franck Marilly

資生堂EMEA CEO
Franck Marilly

私たちは、美には世界を変える力があると信じています。美は心を動かし、自信をもたらし、無数の可能性を開花させます。消費者の期待と行動が絶え間なく変化し続ける移り変わりの激しい世界において、より美しい明日を実現させるために、私たちはすべての活動の中心にイノベーションを据えています。

この探求こそが、資生堂EMEAで受け継がれているDNAです。1900年、資生堂の創業者である福原有信はパリ万博を訪れ、フランスのテクノロジー、芸術、文化、そしてその前衛的な姿勢からインスピレーションを受けました。このフランスから受けた影響は、資生堂の独自の美意識と、ブランドのグラフィックの中にも浸透しています。

フレグランス センター・オブ・エクセレンス(CoE)の拠点である資生堂EMEAのチームが、フランスで生み出されるグローバルフレグランスのイノベーションを形にしていきます。またEMEA地域は、88か国を網羅するその多様性から、3つの軸となるカテゴリーに属するユニークなブランド・商品のテストにおいても理想的な場所といえます。

私たちは前衛的なパリと東京のスピリットを持ち続け、「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」の実現に向けて貢献していきます。

主な拠点および所在地

Shiseido EMEA RHQ office

私たちのブランド

資生堂EMEAは、グローバルなフレグランスブランドの事業展開、ならびに厳選されたメイクアップおよびスキンケアブランドの販売を担当しています。
フレグランスブランド:Dolce&Gabbana、ELIE SAAB、ISSEY MIYAKE、narciso rodriguez、Serge Lutens、SHISEIDOフレグランス、Tory BurchおよびZADIG & VOLTAIRE
販売ブランド:bareMinerals、BUXOM、Clé de Peau Beauté、Drunk Elephant、Laura Mercier、NARSおよびSHISEIDO

私たちと一緒に働きませんか?