1. Home
  2. 研究/生産
  3. DYNAMIC HARMONY

DYNAMIC HARMONY
不可能な出会いを、可能にする

1872年、西洋の科学と東洋の叡智という全く異なる世界の出会いから、資生堂は生まれた。
ここから、相反する2つの世界を宿した
新しい価値の追求が始まった。

DYNAMIC HARMONY それは、一見両立不可能に見える2つの価値を出会わせることで、
巧みに融合させて、今までにない全く新しい美を創造すること。
一つの価値で定義することができない、
この唯一無二の考え方は、
100年以上にわたり、資生堂の研究者から
研究者へ大切に受け継がれてきた。

異なる2つの価値の出会いを可能にするテクノロジーと創造力によって、
どこまで、人に、暮らしに、社会に、革新的な美を生み出すことができるか。

Inside/Outside、Functionality/Japan Quality、Science/Creativity、
Premium/Sustainability、Individual/Universal

私たちが資生堂であり続けるかぎり、
DYNAMIC HARMONY による新たな出会いの
創造に終わりはない。

DYNAMIC HARMONY 5つのアプローチ

資生堂R&D理念 DYNAMIC HARMONY のもと、私たちは5つの研究アプローチを柱に据え、当社がこれまで長年強みとしてきた研究領域を深化させるとともに、変化する社会環境やお客さまニーズに迅速かつ幅広く対応していきます。

Inside/Outside

体内、心、肌、外部環境などを繋ぐメカニズムを解明し、ホリスティックな考えに基づき、お客さまが本来もつ健やかな美しさを引き出します。

Functionality/Japan Quality

期待を上回る圧倒的な機能性と、安全・安心をはじめとする日本ならではの徹底した品質へのこだわりを高いレベルで両立します。

Science/Creativity

潜在的・主観的な感性や気持ちを客観的なサイエンスで解き明かすことにより、これまでにまだ誰もが感じたことのない美や心地よさの感覚・体験を新たに創り出していきます。

Premium/Sustainability

人や社会や地球環境への尊重・共生と、効果や上質なデザイン、感触などから感じる満足感を両立させる、資生堂ならではのサステナブルな価値創出に挑戦します。

Individual/Universal

長年蓄積してきた世界中の膨大なお客さまデータを活用し、お客さま一人ひとりにパーソナライズした最適なソリューションを生み出すことで、多様な価値観をもったお客さまニーズを満たす独自価値を創出します。

And more...

6つ目、7つ目のアプローチを創出し、進化を続けていきます。

DYNAMIC HARMONY