1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 社会貢献活動

社会貢献活動

資生堂グループは、社会・地球と共に持続的に発展することを目指しており、当社のサステナビリティ重点領域に関わる活動と、そして自社の強みをいかして地域の課題を解決する活動で社会に貢献していきます。

社会貢献活動の指針

私たち資生堂グループは、社会・地球とともに持続的発展を目指しています。「資生堂グループ倫理行動基準」に沿って、事業を活かして貢献できる社会的な課題解決に努めるとともに、将来にわたって世界中のステークホルダーから支持されるためにそれぞれの地域社会の課題に応える活動に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

資生堂グループ倫理行動基準

私たちは、広く社会と双方向のコミュニケーションを充実させ、協働して社会的課題解決に努めます。

(1)私たちは、広く社会との対話に努め、化粧の力などで人々を元気づけ健やかにする活動、女性支援活動、文化活動、環境活動などに取り組み、グローバル社会からの期待に応えます。

(2)私たちは、事業所が所在する地域社会との交流を深め、地域に貢献する活動を通じて、企業市民としての責任を果たします。

社会貢献活動の重点領域

資生堂は「資生堂グループ倫理行動基準」 および当社のマテリアリティ(重要課題)の特定プロセスに沿って、社会貢献活動の重点領域を「環境」「社会」「文化」としました。中でも、「社会」領域においては、資生堂の持つ人材・技術を生かした貢献として、「ジェンダー平等を始めとするダイバーシティの推進」や「すべての人々の生活の質(QOL)の向上」に対応した取り組みを社員参画のもと進めています。また「地域社会・災害支援」として、事業所が所在する地域を中心に、社員との協働により各地域社会の課題に応える活動に取り組み、企業市民としての責任を果たします。

社会貢献活動の推進体制とガバナンス

資生堂では社会価値創造本部を中心に、ブランド・地域本社などと連携し、社会貢献活動に取り組んでいます。
チーフソーシャルバリュークリエイションオフィサーを責任者とし、社会価値創造本部内に社会貢献活動全体の企画推進および実績をとりまとめる専任者を配置しています。また、海外の地域本社にはサステナビリティの推進責任者を配置し、本社と各地域本社が連携して各国・地域の活動を推進・管理しています。
主要な活動については年1回、各ブランドや各国・地域の地域事業所で実施した活動概要などをチーフソーシャルバリュークリエイションオフィサーより取締役会で報告しています。

社会貢献活動の取り組み

2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、資生堂のサステナビリティ重要課題「環境」「社会」「文化」に関連した社会貢献活動に世界でのべ約3,400名の社員が参画しました。感染症対策を入念に行いながら、オンラインによるヘアメイクアップのアドバイスなど資生堂ならではの化粧の力を通じた活動や、化粧品や金銭の寄付などに取り組みました。詳細は各リンク先をご覧ください。

1.環境

資生堂は地球の恵みとして多くの植物原料から製品を生産しているため、環境負荷の軽減とサステナブルな資源の利用に向けた取り組みとして、各国・地域にて環境緑化や海洋保護、環境教育を通じた社員の意識向上に努めています。

海を守る活動「SHISEIDO BLUE PROJECT」

2.社会

化粧品事業を通して得られた資生堂の美容技術や女性活躍支援のノウハウをいかし、すべての人々にとってより良い社会の実現を目指します。

・自分らしく生きがいをもって暮らせる社会を目指し、美の力で人々をエンパワーします。







・ジェンダーギャップ解消を目指し、日本の女性活躍支援をリードします。


・社会的に恵まれない状況下にある人々への教育、自立支援を通じて、すべての人々が活躍できる社会を目指します。



社会的養護を必要とする子どもたちへの自立支援「資生堂社会福祉事業財団」

3.文化

資生堂が育んできた質の高いものづくりや100年以上にわたる芸術文化支援の知識と経験をいかし、現代美術や実験的な表現活動を支援しています。

アーティスト支援「art egg」
資生堂ギャラリー

企業文化誌『花椿』

4.地域社会・災害支援・各種支援

社会との関わりを通じて社員がみずからを高めていくことが、社員の成長ひいては会社の成長につながります。
資生堂は地域社会との交流を深め、それぞれの地域課題の解決に向けて取り組みます。