1. Home
  2. ブランド

ブランド

 

ビューティーで人々を幸せにする。
その思いを商品へ。

私たちは1872年の創業以来、アートとサイエンスを融合し、その時代の美を彩ってきました。今改めて「美」を通じて、人々が幸せになる社会を実現したい。私たちはそう強く思っています。その実現のために、化粧品の中味、使い心地、すべてに力を注ぐ姿勢は創業以来変わらず、現在でも資生堂のブランド全体に生きています。

ブランドキービジュアル

ブランド戦略

さらなるブランドの「選択と集中」、 そして社会的価値の創造に向けて

私たちの強みである、プレステージ領域を第一優先に強化します。具体的にはSHISEIDO、Clé de Peau Beauté、NARS、bareMinerals、IPSA、Laura Mercier、Dolce&Gabbana、Drunk Elephant、Tory Burchに投資を集中し、成長を実現していきます。
加えて、中国をはじめとするアジア地域では、日本発のブランドであるELIXIR、ANESSA、SENKA、d programを集中育成します。
一方、本業であるビューティービジネスを通して、社会へ貢献していくために、クオリティーオブライフをサポートするブランドであるPerfect Coverへも注力します。各ブランドの特長については以下をご覧ください。

各カテゴリーの主要なブランドをご紹介します。

プレステージ

デパートや化粧品専門店などでカウンセリングを通じて販売している、
高価格帯化粧品やフレグランス。

コスメティクス

ドラッグストアや量販店を中心に、お客さまに自由に選んでいただく中価格帯の化粧品。
市場・ブランド・チャネルの特性に応じてカウンセリングも行う。

パーソナルケア

ドラッグストアや量販店を中心に展開。
低価格帯のスキンケア、シャンプーなどのヘアケア、ボディケア商品。

プロフェッショナル

ヘアサロン向けのヘアケアやスタイリング商品、ヘアカラー剤、パーマ剤など。

ヘルスケア

美しさをトータルで考えるドリンク、サプリメントなどの美容食品。

クオリティーオブライフ

クオリティーオブライフをサポートするブランド。