1. Home
  2. サステナビリティ
  3. サステナビリティデータ
  4. 環境データ

環境データ

下記において、☑の付されたデータは第三者検証を取得済み。

環境データに関する保証報告書 [288KB]

CO₂

Scope 1・Scope 2※1

(単位:t)

  2018 2019 2020 2021
総排出量 ☑81,249 ☑78,750 ☑72,458 ☑65,481
 カバレッジ(%)※2 96.1 96.8 100.0 100.0
 Scope 1 ☑27,632 ☑27,036 ☑25,968 ☑28,744
  カバレッジ(%)※2 94.0 95.0 100.0 100.0
 Scope 2 ☑53,617 ☑51,714 ☑46,490 ☑36,737
  カバレッジ(%)※2 97.3 98.0 100.0 100.0
  1. ※1:GHGプロトコルの手法(Scope 2はマーケット基準)を採用
  2. ※2:全拠点

Scope 3※1

(単位:t)

  2019 2020 2021
総排出量 2,760,000 2,540,000 1,520,000
 購入した製品・サービス
(カテゴリー1)
土地利用転換による排出以外 ☑644,000 ☑528,000 ☑606,000
土地利用転換による排出 - - ☑347,000※2
 資本財(カテゴリー2) 231,000 246,000 ☑225,000
 輸送、配送(上流)(カテゴリー4) 110,000 85,400 ☑51,600※3
 事業から出る廃棄物(カテゴリー5) 20,700 33,000 ☑15,100
 販売した製品の使用(カテゴリー11) ☑1,580,000 ☑1,540,000 ☑134,000※3
 販売した製品の使用者による廃棄(カテゴリー12) ☑148,000 ☑81,900 ☑118,000
 その他(カテゴリー3,6,7) 30,800 20,900 21,900
  • ※1:CO₂排出量算定根拠データベースをIDEA v2とecoinvent v3.8に変更
  • ※2:原材料調達の土地転換に関する排出を2021年から算定
  • ※3:売却事業・ブランドを除いた実績

Scope 1・Scope 2・Scope 3

(単位:t)

  2019 2020 2021
総排出量 2,838,750 2,612,458 1,585,481

CO₂排出量の削減

製品のレフィル(つめかえ・つけかえ製品)の販売などにより、約4,300 tのCO₂排出量を削減しました。

(単位:t)

バリューチェーンの各段階 CO₂削減量
原材料の調達 3,000
廃棄段階 1,300
合計 4,300

エネルギー

(単位:MWh)

  2018 2019 2020 2021
総使用量 ☑267,530 ☑289,280 ☑298,589 ☑322,527※4
 カバレッジ(%)※1 96.1 96.8 100.0 100.0
 電力 ☑108,452 ☑115,228 ☑127,188 ☑137,881
 ガス※2 ☑126,255 ☑122,636 ☑128,568 ☑139,424
 LPG ☑2,941 ☑2,771 ☑2,552 ☑2,370
 燃料※3 ☑24,112 ☑24,358 ☑16,146 ☑20,181
 蒸気 ☑5,771 ☑24,286 ☑24,135 ☑22,671
  • ※1:全拠点
  • ※2:都市ガス、天然ガスの使用量の合計値
  • ※3:ガソリン、灯油、軽油、重油の使用量の合計値
  • ※4:2021年 非再生可能エネルギー使用量:253,188MWh

(単位:百万m³)

  2018 2019 2020 2021
総取水量 ☑1.2 ☑1.2 ☑1.2 ☑1.2
 上水 ☑1.1 ☑1.0 ☑0.9 ☑0.9
 工業用水 ☑0.1 ☑0.1 ☑0.1 ☑0.0
 地下水 ☑0.1 ☑0.1 ☑0.3 ☑0.3
総排水量 ☑1.0 ☑0.9 ☑1.0 ☑1.0
 下水 1.0 0.9 0.8 0.8
 地表水 0 0 0.2 0.2
  • 2018 - 2020年 生産拠点 2021年 生産拠点・国内研究拠点(生産拠点のカバレッジはいずれも100%)
  • 2018 - 2021年 その他取水源(地表水・雨水・外部排水・海水・採石場水):0㎥
  • 2018 - 2021年 その他排水先(海洋・地下/井戸・オフサイトでの排水処理・再利用/その他用途): 0㎥
  • 2021年 同一の取水源に戻した排水量を除外した水消費量:☑1.2百万m³
  • 2021年 世界資源研究所(WRI)の「Aqueduct」で分類された水ストレスが「高い」「極めて高い」地域における取水量・水消費量の割合:11%

廃棄物※1

(単位:t)

  2018 2019 2020 2021
廃棄物排出量 14,288 14,297 12,825 ☑13,096
 リサイクル処分量※2 13,980 13,910 12,779 ☑13,038
 非リサイクル処分量 308 387 47 ☑58
  • ※1:生産拠点(カバレッジ100%)・国内研究拠点
  • ※2:サーマルリカバリー含む

環境汚染(大気・水質)

(単位:t)

  2018 2019 2020 2021
NOx排出量 26 27 ☑23 ☑24
 カバレッジ(%) 54.5 81.8 90.9 100.0
SOx排出量 0 0 ☑0 ☑0
 カバレッジ(%) 54.5 81.8 90.9 91.7
COD汚濁負荷量 ☑116 ☑103 ☑70 ☑68
 カバレッジ(%) 90.9 90.9 90.9 91.7
  • 全生産拠点

環境法令遵守の状況

環境法令においては、環境負荷の大きな生産部門が主に対象となり、ISO14001のシステムに基づいて環境法規制などの遵守評価を実施し、法令遵守を徹底しています。
国内および海外関係会社について調査を実施しましたが、2021年を含めて直近4年間では重大な環境関連法規制等の違反はありませんでした。今後も継続して適正管理に努めてまいります。

化粧品・パーソナルケア商品のCO₂排出量(環境フットプリント)

資生堂は化粧品やパーソナルケア商品について、CO₂排出量をはじめとする環境フットプリントを評価しています。

凡例
1製品あたりのCO₂排出量
洗顔料
メイク落とし
化粧水
乳液
クリーム
日焼け止め
口紅
シャンプー
コンディショナー
  • 使用段階の算定は以下の使用シナリオを設定して評価した。
種類 使用シナリオ
洗顔料 40℃のお湯4.11Lで顔をすすぐ
メイク落とし 33℃のお湯4.5Lで顔をすすぐ
化粧水、乳液 コットン1枚を使用し、全顔に塗布する
シャンプー、コンディショナー 40℃のお湯15Lで髪をすすぐ