資生堂パーラー

1928年、西洋料理の草分け的存在として銀座に開業したのが「資生堂パーラー」です。当時としてはまだ珍しかったご飯を別盛りにしたカレーライスや、オリジナル洋風コロッケのミートクロケットなどを提供し、新しい食文化を広めました。

1973年には、「資生堂パーラー」のポリシーである「新しい価値」「高品質」「本物」を継承したフレンチレストラン「ロオジエ」をオープン。店舗の伝統とフランス料理の本質を守りながら、革新的な表現力で新たな味を創造することで、2019年から4年連続で『ミシュランガイド東京』において“三つ星”を獲得しました。これからも多角的なレストラン事業を通して、豊かな食体験をお届けいたします。

Share
  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • linkedinでシェアする
  • urlでシェアする
  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • linkedinでシェアする
  • urlでシェアする