1. Home
  2. ニュースリリース
  3. 資生堂、表皮由来IL-34の減少によりマクロファージバランスが崩れることを発見

2022年10月20日

発行元:(株)資生堂

研究・生産

資生堂、表皮由来IL-34の減少によりマクロファージバランスが崩れることを発見

~“インフラマエイジング”に着目した新時代のビューティーケア~

資生堂は、表皮において分泌されるタンパク質、インターロイキン34(IL-34)※1が減少すると、免疫細胞として知られる2種類のマクロファージ(M1マクロファージ、M2マクロファージ)のバランス(M1/M2バランス)が崩れることを新たに発見しました(図1)。さらに、表皮細胞のIL-34産生を増やしマクロファージのM1/M2バランスを整える効果が期待できる成分として、クリーピングタイム抽出液を見出しました。
当社はこれまでに皮膚内で生じる慢性炎症が老化を促進する”インフラマエイジング(Inflammaging:炎症老化)”の発生にM1/M2バランスの崩れが関与していることを見出して以降、M1/M2バランスの崩れがコラーゲンの産生・分解・除去など、一連のコラーゲン代謝に関与していることも明らかにしてきました。今回、M1/M2バランスを根本的に調節するメカニズムの一端が解明されたことは重要な知見であり、新たなソリューションへの応用が期待できます。本研究の成果の一部は、第22回日本抗加齢医学会総会(2022/6/17-19)において発表し、発表者の堀場聡研究員が最優秀演題賞を受賞しました※2。
本研究は、資生堂独自のR&D理念『DYNAMIC HARMONY』のInside/Outsideというアプローチのもと進めています。メディカル領域でも注目されている免疫細胞の一種、マクロファージのバランスが皮膚老化に関わるメカニズムを明らかにし、お客さまのさまざまな肌悩みに対する新しいビューティーケアを提案します。
※1 免疫細胞が分泌するタンパク質であるインターロイキンの一種。皮膚の免疫細胞「ランゲルハンス細胞」の維持に関わることが知られている。
※2 資生堂 みらい開発研究所 堀場聡研究員 抗加齢医学会総会 最優秀演題賞を受賞
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000003430

図1 IL34が減少するとマクロファージのバランスが崩れる

Download Small Image[58.8KB] Download Large Image[737KB]

研究背景:マクロファージバランスとさまざまな皮膚老化現象との関わり

資生堂は2020年、皮膚内のマクロファージのM1/M2バランスが崩れることにより、慢性炎症が老化を促進する「インフラマエイジング」が皮膚で引き起こされることを発見しました。さらに、2022年には、M1/M2バランスの崩れが、コラーゲンの産生・分解・除去など、一連のコラーゲン代謝へも悪影響を及ぼし、肌のハリや弾力の低下などを引き起こす可能性があることも明らかにしました。今回、このような皮膚老化現象に関わるM1/M2バランスの崩れを引き起こす原因を明らかにし、新たなソリューション開発へ応用すべく、研究を進めました。

マクロファージのバランスは表皮由来のIL-34の減少によって崩れる

皮膚でM1/M2バランスの崩れを引き起こす因子を網羅的に探索するために、国際的データベース「GTEx Portal」※3に掲載されているマチュア層(60代)約200名分のヒトの皮膚データを用いて、バイオインフォマティクス的手法による解析※4を行いました。皮膚の露光部と非露光部を比較して遺伝子発現量に有意な差があり、かつマクロファージとの関連の可能性が強く示される因子を探索したところ、IL-34が見出されました。そこで私たちはIL-34がM1/M2バランスに強く影響を与えるのではないかと考えました。IL-34は、当社のこれまでの研究成果で健やかな肌の実現に重要な役割を果たすことが知られている因子であることから、実際に、ヒトの皮膚(露光部)において若齢層(30代)とマチュア層(70代)のIL-34の発現を比較しました。その結果、マチュア層ではIL-34の発現量が顕著に低下していることが確認できました(図2)。また、M1/M2バランスとの関連をヒトの皮膚組織において調べると、IL-34陽性表皮細胞数が多い皮膚では、若齢層の皮膚に見られるM1/M2バランスと同様であり(図3)、さらに、IL-34をマクロファージに添加することによって、M2マクロファージへの分化が濃度依存的に促進されることが明らかになりました(図4)。
※3 ヒトの体のさまざまな組織ごとに発現している遺伝子の情報を網羅的に掲載している国際的データベース
※4 主に生物学のデータを、統計学やプログラミングスキルなど情報科学の手法によって解析する技術

図2. 加齢に伴う紫外線ダメージの蓄積でIL34は減少

Download Small Image[25.7KB] Download Large Image[382KB]

図3. IL-34陽性表皮細胞数と、M1/M2バランスの関係

Download Small Image[34.7KB] Download Large Image[139KB]

図4 IL-34添加によるM2マクロファージへの分化促進

Download Small Image[33.7KB] Download Large Image[192KB]

クリーピングタイム抽出液による表皮細胞のIL-34産生促進効果

今回、M1/M2バランスの崩れとの関連が確認されたIL-34の産生を促す成分を探索し、複数の候補成分の中から、特に優れた効果を有する成分として、クリーピングタイム抽出液を見出しました(図5)。

図5 クリーピングタイム抽出液のIL-34産生促進効果

Download Small Image[15.2KB] Download Large Image[206KB]

今後の展望

資生堂は、美容におけるM1/M2マクロファージのバランスの重要性に関して研究をリードしてきましたが、今後もマクロファージとさまざまな肌悩みとの関連についての知見を積極的に深め、新たなソリューションの提案を目指します。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。