1. Home
  2. ニュースリリース
  3. 資生堂研究所の「fibona (フィボナ)」、中国における活動を開始

2022年09月15日

発行元:(株)資生堂

研究・生産

資生堂研究所の「fibona (フィボナ)」、中国における活動を開始

~メディカルビューティー、ホリスティックビューティー分野のスタートアップとピッチイベント開催~

資生堂研究所が主導するオープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」は、活動プランの一つである「Co-Creation with Startups」の第4期の取り組みを中国で開始します。今回当社は、「メディカルビューティー技術」、「ホリスティックビューティー技術」をテーマに設定し、スタートアップ企業支援で実績のあるPlug and Play※1中国支社と共同して中国国内のスタートアップ企業を募集しました。8月29日および31日に開催したピッチイベントの審査を通過した複数のスタートアップ企業は、9月以降の100日間のチャレンジ期間を経てアイディアの具現化や検証を行い、12月の最終審査に臨みます。
なお、fibonaが海外のスタートアップ企業と連携を行うのは、昨年に実施した韓国での活動※2に次いで2回目です。今後、当社のグローバルな研究開発体制の元、海外においても早期のイノベーション創出を目指します。
当社は、資生堂独自のR&D理念『DYNAMIC HARMONY』のもと、異業種を含むスタートアップ企業が保有する、斬新なアイディア・技術を、当社の強みとする研究領域の知見・技術、商品やサービスと融合させることによって、生活者のニーズやトレンドにスピーディーに対応し、これまでにない美容体験やサービスなど、イノベーションの創造に果敢に挑み続けます。
※1 Plug and Play CHINA https://en.pnpchina.com/
※2資生堂研究所のオープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」 ~ 海外スタートアップ企業との連携を決定 ~
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000003278

オープンイノベーションプログラム「fibona」と「Co-Creation with Startups」の取り組み

当社の研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター(GIC)」は都市型オープンラボとして2019年4月に本格稼働しました。“多様な知と人の融合”をコンセプトとしてイノベーション創出に向けた活動を推進しており、GICのコンセプトを象徴する活動である「fibona」は、外部のユニークな発想やテクノロジーと、資生堂が持つ美やサイエンスの知見を融合し、世界をワクワクさせる新たな価値の創造に挑戦しています。
fibonaの取り組みの1つである「Co-Creation with Startups」はスタートアップ企業のアイディアをスピーディーに当社の製品やサービスに活用することを目指しています。これまで、2019年に第1期、2021年11月に第2期、2021年12月に第3期のスタートアップ企業連携を開始しています。

fibona 第4期スタートアップ 募集テーマ

今回、第4期の募集では、中国のお客さまが求める「極めて高い効果をもつ」ビューティーソリューション創出を目指した「メディカルビューティー」技術と、中国のお客さまの関心度が高く、技術進歩が著しいヘルスケアモニタリング技術との融合による価値づくりを目的とした「ホリスティックビューティー」技術をテーマに設定しました。
8月29日、31日には資生堂(中国)研究開発中心有限会社 上海奉賢分公司※3でピッチイベントを開催しました。今回の選考を通過した複数のスタートアップ企業は、今後12月の最終選考に向けて当社とプロトタイピングやモニターテストなどによるフィージビリティ検証を行います。
※3 「他社との協業によるイノベーション強化」を中国で実現するために中国・上海の美容・健康産業の発信地「東方美谷」に設置された中国イノベーションセンターの研究施設。2021年に稼働を開始した。

今後の予定

今回のピッチイベントを通過したスタートアップ企業は、今後の100日間のアイディア具現化・検証期間を経て、12月に行われる最終審査に臨む予定です。12月の最終審査では、中国のお客さまの価値づくりにつながるイノベーション創出に向けた様々な視点から、新たに連携を行うスタートアップ企業の採択が期待されます。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。