お客さまの声

資生堂 ライフクオリティー メイクアップを体験されたお客さまのインタビューをご紹介いたします。

メイクすると、
ふだんの自分を
取り戻せる。
卵巣がん
角田 万木さん

卵巣がん闘病中の日々の生活や
資生堂 ライフクオリティー メイクアップとの出会いについてお聞きしました。
そばで闘病を支えるご主人の則明さんにもお話を伺いました。

眉とまつ毛がぬけるのが、
髪よりショックだった。

現在は卵巣がんが再発して治療中です。はじめに症状に気づいたのは2013年で、ちょっとお腹がはっておかしいなと思って、地元のクリニックに行ったら、すぐに大きな病院を勧められて、そこで現在の主治医に出会い「卵巣がんで間違いない」といわれました。うちは身内にがんが多かったので、 わたしもがんになるかもとは思っていたのですが、ちょっと夫を残していくには早いなと思いました。

つらかったのは、抗がん剤の副作用が出たときですね。どう対処していいか分からなくて。髪の毛しか抜けないと思っていたら、眉とまつ毛も抜けるとわかって、それがすごくびっくりしました。メイクで補えるという発想が当時は思いつかなくて、眉とまつ毛がない顔って、どうなんだろうとすごく心配になりました。副作用で体力と気力を全部もっていかれて、このまま一生笑えないかもしれないという気持ちにもなり、かなり落ち込んでいました。病院の心理士さんに相談にのってもらい、外に出るように勧められ、週末だけでも電車にのって遠出するように心がけました。

朝メイクをすると、
元気が出てくる。

資生堂 ライフクオリティー メイクアップに出会ったのは、がん患者向けのあるシンポジウムに参加したことがきっかけです。そこでメイクしていただいたんですけど、ちょっと魔法がかかった感じがして、すごいなと思いました。 眉の描き方やチークの入れ方を教えてもらいました。治療が続くと、だんだん覇気のない顔になってくるんですが、そういうときは、チークを入れるといいなど色々アバイスしてもらいました。

自分でメイクしていてむずかしいのは眉毛ですね。治療で眉毛がまったくなくなったことがあるのですが、1本もないとやはりラインを取るのがむずかしかったです。わたし、まわりには治療をしていることは話していなかったのですが、あるとき人に病気のことを話したことがありました。

心理士さんに 「どうして、人に話そうと思ったの?」と聞かれて、よく考えたら眉毛が生えたからだと気づきました。眉毛があると、人に会う自信が出てくるんだなと思いました(笑)。眉毛がきまったとき、テンションがあがりますね。

メイクするのは好きです。予約外で病院にいくとき、見てもらえるかわからないので、不安になってくるんですね。それで朝とりあえずメイクするんです。メイクすると気持ちが落ち着いてくるというか、元気をくれるので助かっています。メイクすると、ふだんの自分に近いものを取り戻せる。完璧ではないのですがそれに近いものになれる。外出するのがこわくなくなるし、人に会いやすくなると思います。

笑顔でいられると、
自分らしくいられる。

病気になる前はこどもに恵まれなかったこともあって、人生に対して希望っていうものがなかったんです。でも病気を経験してみて生きていることってすごいんだな、なんにもないことが幸せなんだなって思えるようになりました。いろんなことに感謝するようにもなりました。病気になるまではそんなに笑顔が多いタイプでもなかったんですけど、最近は病気になって知り合った人たちから「笑顔がステキ」といわれます。今は笑顔がわたしの定番みたいな感じ。

いまたのしいことは、太極拳や気功をしているときや、天気のいい日にお散歩してきれいなお花を見つけたとき、夫と一緒になにかおいしいものを食べに行ったりするときですね。そういう風に笑顔でいられるときが、自分らしくいられる瞬間という感じがします。

ご主人の則明さんにもお話を伺いました。

好きなことしている時は、
やっぱりいい顔してる。

妻は病気になる前は、出不精というか先頭切って人前に出てやるような性格ではなかったんです。でもいまは患者会なんかでも、人の前に出て自分の思いを話せるようになったと感じます。大げさかもしれないけど病気が人生のターニングポイントのように見えます。病気になってから、太極拳や気功をはじめるなど外出にも積極的になりました。「太極拳をやるとテンションが上がるのでずっと続けたい」といっています。メイクもポジティブな気持ちにさせてくれるものの一つなんだと思いますね。そういう好きなことをやってるときは、いい顔をしてますよね。やっぱりね。

*このインタビューは、本活動の趣旨にご賛同していただいた出演者さまのご厚意により実現し、2020年2月に掲載されたものです。関係者のみなさまには心より感謝申し上げます。

メイクは前向きに
なる
きっかけに
なるかもしれない。
やけどあと
宮司 健士さん

大やけどを負ったあとの生活や、
ライフクオリティー メイクアップとの出会いについてお話を伺いました。

火災で、全身の9割がやけどに。

やけどを負ったのは、14年前の火災がきっかけです。揚げ物をつくろうと思って鍋で油をあたためていて、少し目を離したすきに台所で火柱がたっていました。大惨事になると思い、鍋を移動させようとして、ひっくり返して全身に油をあびました。それから意識不明の重体で入院。3週間くらい昏睡状態で、気がついたら集中治療室のベッドの上でした。意識が戻ったあと、しばらくして大やけど状態の自分の顔を見た瞬間、言葉にいいあらわせない気持ちでした。いちばん近いのは絶望だったかもしれません。やけどで全身皮ふがない状態だったので、生きるか死ぬかの状況の中で皮ふ移植の手術を繰り返してきました。

当時は本当につらかったので、事故のときにそのまま死んでいた方がらくだったかもと思ったりしました。やけどあとが固くなっている組織を瘢痕組織(はんこんそしき)というのですが、それがぶ厚くなったところを肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)というんですね。これがガチガチにかたまって、からだがうまく動かない。胸を広げることができない、指を曲げることができないなどの症状の一端になっています。かゆみや痛みもあります。それに事故のフラッシュバックという精神的なつらさというのもありますね。

違う自分で、
人と会うのがこわかった。

資生堂 ライフクオリティー メイクアップとの出会いは、病院からの紹介でした。退院したあとも定期的に通院していたのですが、主治医から「資生堂の傷あとをフォローするメイクがあるけど、試してみませんか?」といわれ病院で資生堂のスタッフさんとお会いしたのがはじまりになりますね。

メイクを試してみようと思った理由は、対人恐怖症に陥っていた時期があったからです。いままでの自分じゃない、顔も体も傷あとがいびつなかたちで、人に会うのがこわい。ケガして傷ができた自分は、今までの自分じゃないので。人間って、新しいものはやっぱり何でもこわいんです。人からどう思われるか。メイクをすれば、自分も前向きになるきっかけになったり、何かいい影響があるんじゃないかという気持ちがありました。

はじめてのメイク、
ほんまかいな。

はじめてメイクを体験したときは、戸惑いが大きかったです。傷あとは消えるけれども、同時にメイクした顔に違和感も大きかった。人から気持ち悪いと思われている部分が、少しでも減るのかなという一方で、よくなるいいなという期待もありつつ、複雑な気持ちでした。メイクしている写真を見て、母親は「いいやん」とほめてくれたけど、家族の言葉は素直に受けいれられず「ほんまかいな」と思っていました(笑)。

いまはメイクにはだいぶ慣れてきました。スタッフの方に納得できる理由でメイク方法を説明してもらったことが大きかったです。メイクするときは、眉を描いて全体的にファンデーション。あとは、口もとの左側のあたりがやけどでひげが生えないので、ひげと同じような色で少しカラーをのせていますね。厚すぎるとベタっとするので、自然に仕上げるようにしています。外出するときに必ずメイクするというより、仕事のときや親戚の結婚式とか、カチッときれいにしていきたいときにメイクしていくようにしています。

日常のなんにでも、
感謝してるかも。

ぼく自身が、ちょっと偏屈な人間なので、自分が満たされるよりも誰かが満たされているのを見るのが好きなんです。パソコン修理の仕事をしているのですが、むずかしい修理が、うまく修理できたときはうれしいですね。特に写真のデータファイルの復旧がうまくいったとき。よくあるのが、お客さんに「スマートフォンの写真データが飛んだんだけど、写真は抜き出されへんかな。子どもの写真、写ってんねん」とかいわれて、きっとよろこぶだろうなと思いながら復旧作業しているのが、一番うれしい瞬間ですね。

こういったインタビューなど、資生堂 ライフクオリティー メイクアップの活動に協力したのも、誰かのためになればいいなという思いからです。入院中にたくさんのしんどい思いしている方を見てきたので、同じようにやけどや傷で困っている患者さんのためになればいいなと思っています。ぼくは学生時代はバレーの選手だったんですけど、失敗して負けても、何か拾って立ち上がらないと絶対悔しかったんで、それが活きているのかもしれないですね。ぼくの場合は、やけどしたときに死ねたほうが絶対らくでした。全身に皮ふがない状態からのリスタートでしたからね。でも、それはタイミング逃したから考えない。いまは日常のいろんなことにも感謝の気持ちがあります。けっこう何にでも、感謝しているかもしれないです。

*このインタビューは、本活動の趣旨にご賛同していただいた出演者さまのご厚意により実現し、2020年2月に掲載されたものです。関係者のみなさまには心より感謝申し上げます。

新しい自分になれて、
わくわくしました。
血管腫(動静脈奇形)
園田 由美さん

血管腫(動静脈奇形)を患ってから現在までの生活や
資生堂 ライフクオリティー メイクアップとの出会いについてお話を伺いました。

自分を受け入れないと、
ダメだと思った。

いまから13年くらい前に、朝に家事をしていたところ、突然鼻血がポタポタたれてきて止まらなくなり、目からも血がにじみでてきました。鼻からの出血は動脈からで、大量の出血はなかなかとまりませんでした。すぐに病院へ行き、なんとか止血できたのですが、大量の出血だったため家族はこのまま死んでしまうのではないかと思ったようです。病名は血管腫。単なる血管腫ではなく血管の形成不全である動静脈奇形という、難病にも指定されている病気でした。

この病気を治療できる病院が近くになかったので、県外の病院まで通っていました。患部を大きく切除したことにより鼻の部分など顔の一部を損傷していたので、皮弁移植など形成しながら治療を行いましたが、病巣を切除しながらの形成はなかなかうまくいかず、どんどん変わっていく自分を見て、やっぱり落ち込むこともありました。ただ、わたしが落ち込んでしまうと両親も落ち込んでしまうし、娘や息子も心配する。だんだんこれじゃだめだ、もうこれが自分だと受け入れないといけないと思いました。

元気をくれるのは、
いつも家族。

今はそこまでないんですけど、以前は見られたくないという意識があって、顔に傷ができてからは、ずっとマスクをつけて生活していました。顔が変わってしまったのでわたしだと気づかない知人もいました。そういうとき説明するのが面倒で自分から声をかけなかったこともありました。

息子にも「外出するときはマスクを付けて」といわれていたので、学校行事に行ってもマスクは外しませんでしたね。あるとき高校卒業をひかえた息子が、「部活の送別会に来てね」といってくれたんです。食事があるのでマスクを外さないといけなかったのですが、「マスクしなくてもいいよ」といってくれて、すごくうれしかったです。当時の息子はわたしが人からじろじろ見られて嫌な目にあうのではないかと心配してマスクするようにいってくれていたようですが、今では「マスクしなくてもいいよ」といって、友人にもわたしを紹介してくれます。

娘は、いつも明るくわたしを励ましてくれますね。わたしの治療のために進路をあきらめて家業を手伝ってくれて、かわいそうなことをしてしまったのですが、わたしのことをいつも気遣ってくれます。家族には、本当に元気をもらっています。

こんなに変われるんだと
思った。

資生堂 ライフクオリティー メイクアップに出会ったきっかけは、患者会の講演会ですね。そこでメイクのデモンストレーションがあり、終了後にわたしも体験させてもらいました。当時はもうメイクしても仕方がないと思っていて、全然してなかったんです。でもカバーメイクを試してみて、こんなに変われるんだとわくわくしました。本当に魔法って感じです。すべてを取り戻すっていうわけではないですけど、また新たな自分になれたと思いました。

母はわたしがメイクしているとうれしいみたいで「しっかりメイクすれば、こんなにきれいになれるんだから、これから毎日メイクしなさい」といわれています。メイクをするようになってからは、積極的に外に出られるようになりました。前は人と話すのは嫌だったんですが、そこがだいぶメイクでカバーされるのか人と話しやすくなりました。

メイクで、気持ちが切り替わる。

ふだんはベースメイクだけで過ごしていますが、講演会などで自分がスピーチするときなどは、しっかりメイクしていきます。そこで知り合った方にも「どこの化粧品を使っているの?すごくきれいにカバーしているね」とよくいわれます。メイクしていて気になるパーツは鼻ですね。深い傷があるのですが、傷の溝の部分にブラシで資生堂 パーフェクトカバー ファンデーションをちょっとのせると全然ちがってくる。あとはファンデーションで赤みをおさえたりもしています。

リップラインをきめて描くのもむずかしいので、時間をかけてやっています。リップがきまるとテンションがあがります。メイクをすると、1日がはじまるという感じ。気持ちが切り替わって、よしがんばろうという気持ちになれる。メイクすることで、以前より明るい自分になれたと思います。

あたりまえの毎日が、
うれしい。

彫金とガラス細工が趣味で、よく作品をつくっています。主に身に付けるものをつくりますが、この間、小皿をつくったら家族にも好評でした。ゆとりある時間がないとできないので、作業工程を分割してちょっとずつ作業しています。いまはなにをするのもたのしい気持ちです。あたりまえの時間をあたりまえに過ごせる毎日がうれしいなと思っています。食事を作っていても、仕事をしているときもたのしい。でも一番は孫と遊んでいる時間ですかね。孫がいたずらしたときに、わたしの顔を見て二ヤッと笑うのが、なんともかわいいですね。

*このインタビューは、本活動の趣旨にご賛同していただいた出演者さまのご厚意により実現し、2020年2月に掲載されたものです。関係者のみなさまには心より感謝申し上げます。

関連リンク

  • お悩み別メイクナビ

    お悩み別メイクナビ

    お悩みに関する質問をお答えいただくと、あなたにぴったりのパーフェクトカバーを使ったメイク法をアドバイスします。

  • 全国カウンセリング店舗

    全国カウンセリング店舗

    全国の資生堂 ライフクオリティービューティー契約店でもカウンセリングを行っています。

  • 商品ラインナップ

    商品ラインナップ

    通常のファンデーションではカバーしづらい肌色変化、凹凸(やけどあと、傷あと、手術あとなど)をカバーする商品をご紹介しています。