1. Home
  2. ニュースリリース
  3. “マスクヘア”と“マスクメイク”のポイントは「前髪×眉」のバランス

2020年06月19日

発行元:(株)資生堂

美容情報

“マスクヘア”と“マスクメイク”のポイントは「前髪×眉」のバランス

~「前髪」と「眉」のイメージチェンジでアレンジを楽しもう~

資生堂が夏のマスク着用に関するインターネット調査※を行ったところ、新型コロナウイルスの感染が拡大する前と比べて、49.2%の方が1回あたりに使用するポイントメイクのアイテム数を減らしていることがわかりました。なかでも、一番多く減らしているアイテムは、口紅・リップグロスで87.6%、次いでほおべに・チークが64.8%となっており、マスクで見えないことや、メイクの付着が理由であると考察できます。


一方、眉毛用メイクアップを減らしたと回答した方は7.3%と少なく、マスク着用時も眉毛のメイクアップは重要だと感じている方が多いこともわかりました。そこで今回は、資生堂トップヘアメイクアップアーティストの神宮司芳子が、マスク着用時印象の決め手となる、目元から上の部分である「前髪×眉」のバランスのとり方と、仕上げ方のコツを紹介します。

※ 2020年6月9~10日実施 インターネット調査
調査対象:「新型コロナウイルス拡大前に週5日以上メイクをしていた」「最近1ヶ月の外出時のマスク着用頻度:していない時と同程度、もしくは多い」18~59歳女性 520名

【マスク着用時の前髪(あり・なし)×眉のポイント】

 マスク着用時は、眉を覆い隠してしまうと、表情が分かりにくく、暗く寂しげな印象になりがちです。眉が透けて見える前髪の厚さにする、眉より短めの長さにする、立体感や起伏をつけて、軽やかで明るいイメージを心がけるなど工夫をすると良いでしょう。今回は、「前髪がある場合」、「前髪がない場合」の2つに分け、マスク着用時にあう前髪と眉のおすすめパターンをご紹介します。

マスクと「前髪×眉」の バランスが良く好印象の例

Download Small Image[190KB] Download Large Image[735KB]

1.前髪がある場合

マスク着用時、前髪がある方のポイントは、「厚みの調整」、「長さ」、「立体感」です。抜け感のあるシースルーバングや、眉より上のショートバング、どちらか一方に流した斜めバングなどがおすすめです。


≪アレンジ① 「シースルーバング×ふんわり太眉」≫
ナチュラルで軽やかな印象のシースルーの前髪には、ふんわりとした太めの眉を描きましょう。

●前髪:「厚みの調整」がポイントです。眉が透ける位に前髪の分量を少なめにし、スタイリング剤で束感をつくります。厚めの前髪は作りこんだモードな印象になるのに対して、透け感のある薄めの前髪は、ナチュラルで親しみのある印象を与えます。

●眉:「ふんわり太眉」
前髪の透け具合によっては、やや寂しい印象に見えてしまうこともあるため、太眉のメイクがおすすめです。パウダータイプのアイブロウでふんわりと太めに描きましょう。

●前髪HOW TO
① 指先全体にスタイリング剤をなじませてから、減らす分の前髪の厚みをサイドに流し、なじませましょう。
② 指先に少量のスタイリング剤を付け、毛を少しずつつまむように塗布し、束感を出しましょう。


≪アレンジ② 「ショートバング×毛並明るめ眉」≫
アクティブで可愛らしい印象である眉上の前髪には、自然な毛並みを活かした明るめの眉がおすすめです。

●前髪:「長さ」がポイントです。アクティブで可愛らしい印象のショートバング。切り口をそろえ過ぎず、動きを付けると取り入れやすくなります。長さが短いほど若々しい印象を与えます。

●眉:「毛並明るめ眉」
アクティブな印象に合わせて、毛並を活かしつつ、明るめな眉色で軽やかに仕上げるのがおすすめです。アイブロウマスカラで一本一本毛並をとかし、仕上げましょう。

●前髪HOW TO
① 前髪の長さが眉より下の場合でも、アイロンを使って毛先をクルッと内側に巻くと短く見せることができます。長さをカットする場合はハサミを縦に入れ、毛先が揃い過ぎないようにするのがポイントです。
② 指先全体にスタイリング剤を付け、手ぐしで前髪をとかしほぐすように塗布しましょう。


≪アレンジ③ 「ふんわり斜めバング×眉尻すっきり眉」≫
ソフトで知的な印象の斜めの前髪には、眉尻をしっかり描き、すっきりとした印象に仕上げるのがおすすめです。

●前髪:「立体感」がポイントです。知的な印象の斜めバングは、タイト過ぎると地味に見えてしまうこともあるため、表面にふんわりと立体感を出すと良いでしょう。

●眉:「眉尻すっきり」
ペンシルタイプのアイブロウで眉尻をしっかり描き、洗練された印象に仕上げましょう。ペンシルタイプで眉を描くのが苦手な方は、眉毛を一本一本植えつけるように描くと、自然に仕上げることができます。

●前髪HOW TO
① マジックカーラーを平行に2段に巻き、ふんわりした内巻きにしましょう。2段に分けることで、立体的なカールを作ることができます。
② スタイリング剤を指と指の間につけ、前髪の内側から手ぐしを通すように塗布しましょう。
③ 指でつまむように、前髪をどちらかのサイドに流します。

前髪ありアレンジ① 「シースルーバング×ふんわり太眉」

Download Small Image[190KB] Download Large Image[735KB]

前髪ありアレンジ② 「ショートバング×毛並明るめ眉」

Download Small Image[161KB] Download Large Image[825KB]

前髪ありアレンジ③ 「ふんわり斜めバング×眉尻すっきり眉」

Download Small Image[159KB] Download Large Image[844KB]

2.前髪がない場合

マスク着用時、前髪がない方のポイントは、「立ち上がり」、「動き」、「立体感」です。顔周りに動きがないと寂しい印象になりがちなので、フロント(額部分)の立ち上がりなどで動きをつけ、華やぎを与えましょう。フェミニンなかきあげバングや、顔周りのカールが可愛いカーリーバング、額をすっきり出したオールバックがおすすめです。

≪アレンジ① 「かきあげバング×アーチ眉」≫
上品な印象のかきあげた前髪には、眉の形をしっかり描きながら、アーチ型に仕上げるのがおすすめです。

●前髪:「立ち上がり」がポイントです。額の分け目部分に立ち上がりを付けて立体感を出しましょう。顔周りがペッタリすると寂しい印象になってしまいます。

●眉:「アーチ眉」
パウダーとペンシルのダブル使いで、アウトラインはふんわりと描きながらも、形の存在感はしっかりと出すのがおすすめです。アーチ型に仕上げることで、より上品な印象になります。

●前髪HOW TO
① 前髪の根元を指で持ち上げながらドライヤーの温風を当て、その後少し冷ましましょう。いつもと逆の分け目にすると立ち上がりやすくなります。
② ワックスを手の平と指全体にのばし、立ち上がり部分になじませましょう。髪をにぎるように塗布すると空気感が出て、ふんわり仕上がります。

≪アレンジ② 「カーリーバング×明るめソフト眉」≫
顔周りに曲線の動きを付けた前髪は、明るく華やかな印象を与えます。眉も明るめの色でソフトに仕上げるのがおすすめです。

●前髪:ポイントは「動き」です。顔周りに曲線の動きを付け、華やかに仕上げましょう。カールが細かくなるほど、可愛らしく華やかさも増します。

●眉:「明るめソフト眉」
カールさせた前髪の柔らかな印象に合わせ、眉は髪よりやや明るめの色でふんわり描き、軽やかに仕上げましょう。

●前髪HOW TO
① アイロンのクセがつきやすくなるようなスタイリング剤を顔周りの髪に塗布しましょう。
② 細めのアイロンを使い、顔周りの髪を巻きます。リバース(後ろ側)に向かって巻くと活動的で明るい印象になります。

≪アレンジ③ 「ニュアンスオールバッグ×立体感メリハリ眉」≫
すっきり額をだした聡明な印象のオールバックには、陰影をつけ立体感を意識して仕上げた眉がおすすめです。

●前髪:ポイントは「立体感」です。すっきり額を出したオールバックは、聡明で明るい印象を与えます。しかし、タイトにしすぎると地味な印象になってしまうため、顔周りには起伏を付けて華やかさをプラスしましょう。

●眉:「立体感メリハリ眉」
前髪のアレンジによる印象づくりができない分、眉には陰影をつけ、立体的に描くことがポイントです。更に、眉頭から鼻筋にほんのりとノーズシャドウを足して、顔にメリハリを出しましょう。

●前髪HOW TO
① 手のひらと指の間全体にスタイリング剤をのばし、指を広げ、後ろに向かってかきあげるようにとかしましょう。
② 後ろで髪をひと束に結った後、指先でつまむ様に顔周りの表面の毛を引き出し、立体感を付けましょう。その後、スプレーで起伏をキープさせましょう。





前髪なしアレンジ① 「かきあげバング×アーチ眉」

Download Small Image[193KB] Download Large Image[747KB]

前髪なしアレンジ② 「カーリーバング×明るめソフト眉」

Download Small Image[185KB] Download Large Image[910KB]

前髪なしアレンジ③ 「ニュアンスオールバッグ×立体感メリハリ眉」

Download Small Image[189KB] Download Large Image[722KB]

資生堂トップヘアメイクアップアーティスト
神宮司 芳子(じんぐうじ よしこ)

2002年、資生堂入社。資生堂の宣伝広告をはじめ、モデルや女優のヘアメイクを数多く手がける他、サロンワークに携わり、2018年資生堂美容室エグゼクティブビューティーディレクターに就任。また、社内外のセミナー講師や、ヘアアクセサリーをプロデュースするなど多岐にわたり活躍中。国内の美容業界の最高峰に位置するJHA(ジャパンヘアドレッシングアワーズ)でグランプリを2度受賞。現在は生活に役立つ美容情報の開発や、独自の前髪メソッドの配信も行っている。


■「いまだから大切にしたい、毎日のこと。」WEBサイト

「いまだから大切にしたい、毎日のこと。」WEBサイトでは、新しい日常のなか、「ボディケア」、「スキンケア」、「メイクアップ」といった毎日簡単にできる美容情報から「食」、「読み物」、「メッセージ動画」など、自分をいたわり、今日とこれからを健やかに過ごすための、資生堂が発信する幅広い情報を掲載しています。


■資生堂からのお願い
スキンケアやメイク、ヘアアレンジをする前には必ず、石鹸やハンドソープなどで手を洗い清潔に保つとともに、洗浄済みのスポンジ・ブラシ・チップなどの清潔な用具を使用することをおすすめいたします。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。