メニューを開く
メニューを閉じる

開催中の展覧会

美術館で、過ごす時間

夏の館蔵品展 ガラス工芸、竹工芸、油彩

  • 開催期間:
  • 2020年7月21日(火)— 9月22日(火・祝) ※会期終了

秋の館蔵品展 漆芸、陶芸、日本画

  • 開催期間:
  • 2020年10月6日(火)— 12月11日(金)

資生堂アートハウスでは、7月から12月にかけて、「夏の館蔵品展」と「秋の館蔵品展」の二つの展覧会を開催いたします。内容は工芸品と絵画を併せての名品展とし、夏は季節にふさわしいガラス工芸と竹工芸、そして油彩を展示いたします。秋は漆芸と陶芸、日本画を組み合わせ、わが国における伝統的な美意識を感じていただける構成といたします。
工芸品は、資生堂が主催した「現代工藝展」(1975-1995)出品作が中心となり、竹工芸、漆芸、陶芸共に重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品が大半を占めます。絵画は、同じく「第三次椿会」(1974-1990)出品作が中心となり、油彩、日本画共に、文化勲章受章者による作品が中心です。戦後美術界における伝統工芸と具象絵画の逸品をご堪能いただけることと思います。

今回私どもは、この展覧会に「美術館で、過ごす時間」と名付けました。人の心も身体も静かに沈み込んでいくような日々が続くなか、美術館に足を運んでいただくことで得られる時間が私どもに勇気を与え、芸術と共にあることで得られる芳醇な喜びを共有していく場となれば、本館を運営する者としてまことに幸甚です。