美容情報
「おしゃれなひととき」
2020年
夏・第131号

Let’s Try!

「夏らしいリップメイクの演出」

皆さま、こんにちは。資生堂の奥沢美砂(おくざわみさ)です。
ここからは、「Let’s Try!」のコーナーです。このコーナーでは、季節に合わせたおすすめのスキンケアやメイクアップ方法などをご紹介します。リスナーの皆さまにも実践していただけるような内容になっていますので、ぜひ取り入れてみてください。

今回のテーマは、「夏らしいリップメイクの演出」です。
「Beauty Pick Up!」でもご紹介したマットタイプの口紅「SHISEIDO モダンマット パウダーリップスティック」と、5月に発売したリップグロス「SHISEIDO シマージェルグロス」を使って、夏らしい印象のリップメイクに挑戦します。

1つめは、マットタイプの口紅を使った「夏らしいリップメイク」の方法です。
マットタイプの口紅はクールな口もとが演出でき、暑い夏に涼しげな印象の口もとに見せることもできます。
「SHISEIDO モダンマット パウダーリップスティック」の「505 Peep Show」は、肌なじみのよいコーラル系で使いやすく、おすすめの色味です。

つけ方は、スティックを直接塗る、指でつけるなどの方法はもちろん、今回は、トレンド感のある「直塗り+輪郭ぼかし」の方法でつけていきます。直塗りすることでマットな口紅の鮮やかな発色を活かせて、クールで大人っぽい印象に。さらに輪郭をぼかすと、浮かずに肌とのなじみがよくなり、トレンド感のある仕上がりになります。

まず、はじめに口紅を塗る位置を確認しましょう。指先でご自身の唇を触って輪郭を確認してみてください。
次に、リップを唇に直接塗ります。リップを持つ手と反対の人差し指を上唇の輪郭に添え、唇からはみ出さないようにしながら、口角から中央に向かって塗っていきます。唇を「え」と発音するように横に広げ、上唇の口角から唇の山に向かって、まっすぐになるように塗るときれいに仕上がります。下唇も同様に、口角から中央に向かって塗りましょう。

仕上げに、何もついていないリップブラシで輪郭をぼかしたら完成です。リップブラシは柄を短めに持ち、輪郭をなぞるようにぼかします。この時も、反対の人差し指を唇の輪郭に添えるとよいでしょう。

2つめは、リップグロスを使った「夏らしいリップメイク」の方法をご紹介します。
リップグロスも、夏の唇に透明感と輝きをプラスするおすすめのアイテムです。
「SHISEIDO シマージェルグロス」は、透明感のある色と輝きで、夏に映える唇を演出するリップグロス。テクニックフリーで使いやすいチューブタイプです。
ピンク系の「04(Bara Pink)」、オレンジ系の「06(Daidai Orange)」、薄紫系の「09(Suisho Lilac)」は、肌なじみがよくおすすめの3色です。

つけ方をご紹介します。
まず、利き手にチューブを持ち、キャップを上方向に引き抜きます。
チューブは、先端が斜めにカットされているので、初めて使う時は、指で先端の形を触って確認してみてください。

チューブの先端のとがっている方を下唇の口角にあて、軽くチューブを押して中味が出てくるのを感じたら、利き手でない方の指を唇の輪郭に添えながら、唇からはみ出さないように、中央に向かってすべらせるようにのばしてなじませます。反対側の口角からも同様に行なってください。

次は、上唇に塗ります。
チューブの先端のとがっているほうを上唇の口角にあて、軽くチューブを押して中味が出てくるのを感じたら、利き手でないほうの指を唇の輪郭に添えながら、唇からはみ出さないように、中央に向かってすべらせるようにのばしてなじませます。反対側の口角からも同様に行なってください。
最後に上唇と下唇をあわせて、唇全体になじませたら完成です。

指でつける場合には、指先に少しずつ取りながら、唇の上をすべらせるようにのばしてやさしくなじませます。ご使用後は、チューブの口もとをティッシュペーパーなどで拭きとり、キャップをカチッと鳴るまできちんとしめてください。

いかがでしたか?
マットな口紅でトレンドのメイクを楽しんだり、リップグロスで夏の光に輝くつやと透明感を演出するのも素敵ですね。その日の気分に合わせて、お好みのリップを選んでみてください。

なお、ご紹介したメイクテクニックや商品名は一例です。お肌の色などによっても仕上がりの印象は変わりますので、参考情報としてご利用ください。また、初めて新しいメイクを試すときには、ご家族やお友達など身近な方に、仕上がり状態を確認していただくと安心です。
夏らしいリップメイクを取り入れて、お友達とのオンライントークを楽しむのもよいですね。夏のおしゃれをクールに、軽やかに楽しんでください。

131回目の「おしゃれなひととき」、いかがでしたか? 今後もさらに皆さまのお役に立つ情報をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ、あなたの声をお聞かせください。
「おしゃれなひととき」へのご意見やご感想、ご要望、日頃のお化粧で感じている疑問や、美容について知りたいと思ったことなど、どんなことでも構いませんので、気軽にお寄せください。メールや点字、録音など、どんな形式でも結構です。

なお、「おしゃれなひととき」のバックナンバーをお聞きになりたい方は、資生堂Webサイト内にある「資生堂リスナーズカフェ」にアクセスしてください。過去1年分のバックナンバーをお楽しみいただけます。音声版だけでなく、テキスト版もご用意しています。テキスト版では、商品名に資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」のオンラインショップへのリンクを貼っていますので、商品の販売価格も簡単にご確認いただけます。

「資生堂リスナーズカフェ」のURLは、
https://corp.shiseido.com/listener/jp/ です。

他にも資生堂では、視覚に障がいのあるかたを対象に、美容セミナーのメニューをご用意しています。男性向けのメニューもあります。
その他、美容や化粧品に関する質問やご相談がありましたら、全国の資生堂のお店にもお気軽にお立ち寄りください。

お便りの送付先、お問い合わせ先は、
フリーダイヤル 0120-81-4710
資生堂お客さま窓口まで。

メールの場合は、
https://corp.shiseido.com/jp/inquiry/mail/form.html まで。

郵送の場合は、郵便番号105-8310「資生堂 おしゃれなひととき」の係までお送りください。宛先の住所は不要です。

それでは、どうぞ次回もお楽しみに。ご案内は、ふじたたまこでした。

資生堂おしゃれなひととき、2020年夏・第131号
制作:株式会社 資生堂
発行:2020年7月1日
協力:社会福祉法人 日本点字図書館