メニュー

「化粧のちから」とSDGs

「化粧」って何だろう。

化粧品でお腹を満たすことも、
からだを温めることも
できません。

しかし、ひとは、お化粧をすることで、
自分自身と向き合うことができたり、
気持ちが華やいだりして、
自信や心の豊かさに
つながることがあります。

そして、他者を意識して、
外(社会)に出ていきたくなるかも。
誰かと心を通わせて、
明日に希望が持てることもあります。

性別、年齢、国籍、
障がいの有無などにとらわれず、すべての方に、
スキンケアやメイクアップによる
「化粧のちから」を
楽しんでいただきたい、
そんな熱い想いをもって、
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)
支援しています。

SDGsへの
取り組み

  • すべての方に、
    「化粧のちから」を通じて、健やかで美しい生活を提供します
  • 「化粧のちから」を通じて、性別や国籍などにかかわらず、すべての方が平等に社会で活躍する機会を支援します
  • 「化粧のちから」を通じて、地域コミュニティの活性化をめざし、誰もが安心して住み続けられるまちづくりに貢献します
    (日本国内での取り組み)

「化粧のちから」を伝える
専門職のご紹介

資生堂は全国に「化粧のちから」を伝える
専門職を配置しています。

資生堂ソーシャルエリアリーダー
資生堂ソーシャルエリアパートナー

「誰一人取り残さない」というSDGsの理念に基づき、さまざまな方々に向けて、地域の社会課題に「化粧のちから」を通じた対応をする専門職を2022年1月、新たに配置しました。それが「資生堂ソーシャルエリアリーダー」「資生堂ソーシャルエリアパートナー」です。
私達は、セミナーやサロンにご参加いただく方々のお気持ちに寄り添いながら、受講時だけでなく、日常生活においても”化粧行為“を実践でき、自分らしさや健やかさにお役立ていただけるよう、美容のご提案を行います。

例えば…

  • ご高齢の方を対象とした介護予防セミナー
  • アクティブなシニア世代のQOL向上を目的としたミニサロン
  • 女性活躍のための支援セミナー
  • 障がいのある方が楽しめる化粧セミナー
  • 社会へ巣立つ方々への身だしなみ、メイクアップセミナー など

*いずれの活動においても、ご希望がない限り、その場での商品販売はいたしません。

お気兼ねなく、
本サイトからお申込みください。

「化粧のちから」が
もたらす作用

多くの方が毎日の
ルーティンとして行っている化粧。
私たち資生堂は、長年にわたる化粧に関する実績と研究から、
化粧にはひとの心を癒し、自分らしく、気持ちを前向きにする
「ちから」があることを解明してきました。

「化粧のちから」がもたらす「いいこと」、
皆さまも感じたことはありませんか。

  • 若わかしくなる
  • 気持ちが明るくなり、
    出かけたくなる
  • 外出した時に
    自信が持てる
  • 他の方の笑顔を
    引き出す
  • 何となく、
    気分が上がる
  • 気持ちが
    しゃきっとする
  • 自己肯定感が高まる
  • 人に会うのが
    楽しくなる
  • 第一印象が
    アップする
  • ご高齢の方に
    おいては、握力や上肢の
    筋力トレーニングや
    脳の活性化につながる
    *詳しくは
    化粧療法研究室」へ

このように、「化粧」には、
自分らしさを演出・表現するという
「外に働きかける」作用と共に、
化粧をすることで
自分に自信がもてたり、癒したりするという
「内面に働きかける」作用があります。

「化粧のちから」が
生み出す好循環

化粧行為→第一印象アップ、気分が上がる→健康→自信が持てる、出かけたくなる→社会的活動(外出/交流/就労等)→人に会うのが楽しい

「化粧のちから」を発揮したSDGs取り組み事例

視覚障がいのある方に向けた頭皮ケアセミナー&「ガイドメイク」開催

2023年3月 京都市北区近畿エリア

視覚に障がいのある方の積極的な社会参加を身だしなみの側面からサポートしたいという想いのもと、男性向け頭皮ケアセミナーと女性向けガイドメイクを京都ライトハウスで開催しました。頭皮ケアセミナーでは男性4名が初めて参加され、まずはマスク生活で使わなくなった口輪筋を鍛え、顔の筋肉をやわらげて“素敵な表情”に導くフェイスエクササイズを実施しました。心身ともにほぐれたところでヘアケアの基本となる頭皮ケアを体感いただきました。

「健康な頭皮」の性質や、頭皮を良い状態に導くためのヘアケアのポイントをご案内し、効果的な“頭皮のツボ”や“ヘッドマッサージ”の方法を実践いただきました。

ご参加の方からは
初めての美容セミナーに緊張していましたが楽しく実習できました。
頭皮を清潔に保つことが大切なことを知ったので早速試してみます。
マッサージが終わった後とても頭がスッキリして気持ち良かった。
など、嬉しいコメントをいただきました。

ガイドメイク®はメイクアップを楽しみたい女性7名が参加され、明日からやってみたい、入園式にメイクアップをチャレンジできると嬉しい声が溢れました。
セミナースタート時には緊張され笑顔の少なかった参加者のみなさんがどんどん楽 しそうな表情に変化し、会場全体が和やかな雰囲気に包まれました。

視覚に障がいのある方が、その人らしく楽しく生活できるお手伝いを化粧のちからを通じてこれからも行っていきます。

次代を担う子供たちのチャレンジする気持ちを育むとちぎ「お仕事ごっこ」で「コスメアドバイザー」体験を実施

2023年4月 栃木県宇都宮市関東甲信越エリア

子供向けのスポーツ体験・知育体験ができる場を創造し、次代を担う子供たちが新たな目標にチャレンジをする気持ちを育むことを目的に、株式会社ビジュアル「ママトコドモト」主催で4月1日(土)に日環アリーナ栃木で職業体験会が開催されました。

子供たちには楽しみながら職業体験をすることで自分の将来の夢を抱いていたくお手伝い、保護者にはいろいろな仕事について理解や興味を高めていただくことをねらいに、資生堂はパーソナルビューティーパートナー体験を6回実施しました。
接客の基本となる美しい所作の練習と「お化粧体験」を4~7歳の36名に参加頂きました。
最初はきれいな立ち方と美しいお辞儀の仕方、お客さまへの元気なご挨拶を練習しました。
初めは緊張と恥ずかしさで「いらっしゃいませ」の挨拶の声も小さかった子供たちが、自分でスキンケアやメイクをして身だしなみを整え最後にピンで留めていた前髪をくしで整えると、全員が自信と喜びに満ちた笑顔になりました。
最後は、表情は凛々しく姿勢も美しくなり、驚くような大きな声で「ありがとうございました」と挨拶し、美しいお辞儀ができました。周りで見ていた保護者から大きな拍手をもらいみんな嬉しそうでした。
4、5歳の参加者も飽きることなく30分間集中して真剣にお仕事を体験してくれました。

ご参加の子供たちからは
おへそに手を置いて挨拶とお辞儀することがカッコよかった。
自分の手でお化粧品を付けたのは初めて。今度からは自分で出来る。
またやってみたい。
大きくなったらこの仕事がしたい。
といった感想を頂き、見ていた保護者からは「自分一人で何かをしたのは初めて。途中泣くかと思って見ていたが最後まで夢中でお仕事体験していたことに驚いた。また参加させたい。」という嬉しいコメントを頂きました。

これからも未来を担う子供たちに向けて、「化粧のちから」の体験を通じて、明るい未来と成長のお手伝いをしていきたいと思います。

地域コミュニティ活性化「リフノスはるフェスタ」親子参加型イベント開催

2023年4月 宮城県利府町北海道・東北エリア

利府町文化交流センター「リフノス」で地域住民の皆さまが集い、年に一度行われる「リフノスはるフェスタ」が4月29日(土)に開催され、その中で小学生のための紫外線セミナーと、子育てママの時短ビューティーセミナーを実施しました。
紫外線セミナーでは、紫外線による肌への影響、紫外線から肌を守ることの大切さをご案内した後、紫外線を浴びると色が変わるビーズを使ったミサンガ作りを行いました。色の変化に子供たちも目を輝かせ、正しい日焼け止めの塗り方などを通じて肌を守ることの大切さを体感いただきました。
一方、子育てママの時短ビューティーセミナーでは、短時間でより効果のあるスキンケア方法と、時間が無い方に、ここだけおさえておけばきちんと見えるメイク(眉・アイカラー・チーク・口紅)を中心に実習を通して体感いただきました。
実習後には、忙しいけれど時間を見つけて化粧をした方がいいねとママからの声。近くで一緒に見ていた子供たちもきれいになったママを見て笑顔いっぱいになりました。

ご参加の方からは
日焼け止めの塗り方が分かりました 二度塗りしていなかった
紫外線があたるとビーズの色が変わって面白い!分かりやすい
時間をかけずにイキイキメークが出来ました
ママがキレイになった 可愛いね
などのお声をいただきました。

これからも“化粧のちから”を通じて親子のコミュニケーションや地域コミュニティの活性化を応援していきます。

過去の活動事例

過去の事例は各エリアをクリックすると
ご覧いただけます

「化粧のちから」情報
“おしゃれコラム”

ここでは、皆さまに
「化粧のちから」を
楽しんでいただけるよう、
ミニ情報を
ご案内します。

  1. ホーム
  2. 「化粧のちから」とSDGs

ページの先頭へ戻る