メニュー

「化粧のちから」とSDGs

「化粧」って何だろう。

化粧品でお腹を満たすことも、
からだを温めることも
できません。

しかし、ひとは、お化粧をすることで、
自分自身と向き合うことができたり、
気持ちが華やいだりして、
自信や心の豊かさに
つながることがあります。

そして、他者を意識して、
外(社会)に出ていきたくなるかも。
誰かと心を通わせて、
明日に希望が持てることもあります。

性別、年齢、国籍、
障がいの有無などにとらわれず、すべての方に、
スキンケアやメイクアップによる
「化粧のちから」を
楽しんでいただきたい、
そんな熱い想いをもって、
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)
支援しています。

SDGsへの
取り組み

  • すべての方に、
    「化粧のちから」を通じて、健やかで美しい生活を提供します
  • 「化粧のちから」を通じて、性別や国籍などにかかわらず、すべての方が平等に社会で活躍する機会を支援します
  • 「化粧のちから」を通じて、地域コミュニティの活性化をめざし、誰もが安心して住み続けられるまちづくりに貢献します
    (日本国内での取り組み)

「化粧のちから」を伝える
専門職のご紹介

資生堂は全国に「化粧のちから」を伝える
専門職を配置しています。

資生堂ソーシャルエリアリーダー
資生堂ソーシャルエリアパートナー

「誰一人取り残さない」というSDGsの理念に基づき、さまざまな方々に向けて、地域の社会課題に「化粧のちから」を通じた対応をする専門職を2022年1月、新たに配置しました。それが「資生堂ソーシャルエリアリーダー」「資生堂ソーシャルエリアパートナー」です。
私達は、セミナーやサロンにご参加いただく方々のお気持ちに寄り添いながら、受講時だけでなく、日常生活においても”化粧行為“を実践でき、自分らしさや健やかさにお役立ていただけるよう、美容のご提案を行います。

例えば…

  • ご高齢の方を対象とした介護予防セミナー
  • アクティブなシニア世代のQOL向上を目的としたミニサロン
  • 女性活躍のための支援セミナー
  • 障がいのある方が楽しめる化粧セミナー
  • 社会へ巣立つ方々への身だしなみ、メイクアップセミナー など

*いずれの活動においても、ご希望がない限り、その場での商品販売はいたしません。

お気兼ねなく、
本サイトからお申込みください。

活動紹介

左)アスリート養成所でのビューティーアップセミナー【中部エリア|21年7月】、右)高校でのオンラインセミナー【関東・甲信越エリア|21年2月】

新型コロナウイルス感染拡大により資生堂ライフクオリティービューティーセミナーの受付を停止していた期間中には、外部の方とコミュニケーションが取りにくくなった高齢者施設の方々へ元気と笑顔をお届けするため、
・入居の方や従事する方へ絵手紙などの送付
・体操動画の提供
なども行いました。

左)お手紙事例【関東・甲信越エリア】、右)体操動画【中部エリア】

「化粧のちから」が
もたらす作用

多くの方が毎日の
ルーティンとして行っている化粧。
私たち資生堂は、長年にわたる化粧に関する実績と研究から、
化粧にはひとの心を癒し、自分らしく、気持ちを前向きにする
「ちから」があることを解明してきました。

「化粧のちから」がもたらす「いいこと」、
皆さまも感じたことはありませんか。

  • 若わかしくなる
  • 気持ちが明るくなり、
    出かけたくなる
  • 外出した時に
    自信が持てる
  • 他の方の笑顔を
    引き出す
  • 何となく、
    気分が上がる
  • 気持ちが
    しゃきっとする
  • 自己肯定感が高まる
  • 人に会うのが
    楽しくなる
  • 第一印象が
    アップする
  • ご高齢の方に
    おいては、握力や上肢の
    筋力トレーニングや
    脳の活性化につながる
    *詳しくは
    化粧療法研究室」へ

このように、「化粧」には、
自分らしさを演出・表現するという
「外に働きかける」作用と共に、
化粧をすることで
自分に自信がもてたり、癒したりするという
「内面に働きかける」作用があります。

「化粧のちから」が
生み出す好循環

化粧行為→第一印象アップ、気分が上がる→健康→自信が持てる、出かけたくなる→社会的活動(外出/交流/就労等)→人に会うのが楽しい

「化粧のちから」を発揮したSDGs取り組み事例

LGBTQメイク実習講座

2022年6月 大阪府大阪市近畿エリア

性的マイノリティであるLGBTQ+の相談支援を中心に事業展開する「Life hospitality management service」様と連携し、美容セミナー「楽しく知る スキンケア&メイクHOW TO」を開催しました。
本セミナーでは自分らしく日々の生活を過ごしたい、一般の仕事に就きたいなどのニーズを持つ方に対し、夏の皮ふ生理に合わせた快適スキンケアと日常生活を前向きに過ごすためのジェンダーレスなナチュラルメイクのコツ、パーソナルカラー診断による似合う色探しを実施しました。
ご来場の際、皆さんの表情は硬く緊張の面持ちでしたが、講座が始まり実習時間になると会場内はリラックスしたムードとなり、積極的に質問やアドバイスを求める方が多くいらっしゃいました。

ご参加の方からは、
眉の基本の描き方、アイラインの描き方など教えてもらい、初めて触れる化粧品でどんどん自分が変化していきワクワク楽しい時間でした
実際に体験しアドバイスを直接もらえたので明日から試したい、自分らしいメイクで外出したい
など嬉しい声を沢山いただきました。

また、連携先の方からも、「メイクが進むと皆さんがどんどん笑顔になっていくのが嬉しい」、「またこのようなセミナーを実施して欲しい」と嬉しい声をいただきました。

DV被害者サポート団体のインストラクターに体験会を実施

2022年5月 埼玉県さいたま市関東甲信越エリア

ドメスティックバイオレンス(DV)などの暴力被害に遭われた女性・子どもを支援するNPO法人「パープルネットさいたま」様と連携し、支援活動を行うインストラクターの方を対象に、女性向けの「資生堂癒しのタッチケア」「ハンドマッサージ」と、子ども向けの講座「色で遊ぶ」の体感会を行いました。

ご参加の方からは、

●癒しのタッチケア
手が触れた瞬間から温かさと安心感が伝わってきた
ずっと背中が温かく、安心感があり、とても気持ちがいい
自分では触れることのできない背中のタッチケアは、施術してくださる方の温かさを感じとても癒された

●ハンドマッサージ
バラの香りが部屋中にひろがり、とても幸せな気持ちになれた
ケアをした側の手としていない側の手の色、きめが全然違うように感じる。すごい

●色で遊ぶ
色を使いながら多様性を学び、自分を自由に表現できることは、とても良いことだと思った

など、嬉しいお声をいただきました。

また、この体験会の後、是非うちの施設でやって欲しい!とのお声もいただき、今後、各施設にて当事者の女性や子どもを対象にこれらのメニューを実施し、心のケアや癒しのひと時とつながるよう活動していきます。

過去の活動事例

過去の事例は各エリアをクリックすると
ご覧いただけます

オススメの
「化粧のちから」情報

ここでは、皆さまに
「化粧のちから」を
楽しんでいただけるよう、
ミニ情報を
ご案内します。

第1回眉を描きませんか?

マスクを着用する生活が長引く中、目もとの印象は大切です。
特に眉は描くだけで、顔の印象が変わります。自身においては、気持ちがキリっとしたり、自信が持てたり、相手には、優しさ、強さ、大らかさ、クールなど描き方によって、さまざまな印象を与えることができます。また、眉を描くことは、脳へ良い刺激を与えたり、肘を胸より高く上げることで肩周りの可動域が拡がったりします。
是非、日々の生活において、眉を描いてみませんか?

基本の
眉の描き方

眉を描く際のポイント
  1. 眉頭の位置は目頭の真上
  2. 眉山の位置は、目尻よりの白目の終わりの真上
  3. 眉尻の位置は小鼻と目尻を結んだ延長
眉を描く順序
  1. 眉山から眉尻にかけて描きます
  2. 次に眉の真ん中を自然に埋めるように描きます
  3. 最後に眉頭を描きます

この時季の
おすすめ

残暑厳しい季節には、汗・水・皮脂などに強い
ウォータープルーフタイプのアイブロウがおすすめです。

  1. ホーム
  2. 「化粧のちから」とSDGs

ページの先頭へ戻る