1. Home
  2. サステナビリティ
  3. ダイバーシティ&インクルージョン Empower Beauty

ダイバーシティ&インクルージョン

Empower Beauty

Empower our People, Beauty of the Society

  

私たちの社会を構成する美しい存在、人々に元気を与え、勇気づけます。

ダイバーシティ& インクルージョン Empower Beauty

資生堂ライフクオリティーメイクアップ

資生堂は1956年に戦禍によるやけどを負った人々の心の苦しみを和らげたいと「資生堂スポッツカバー」を発売し、以来60年にわたり肌悩みをカバーする商品の開発やメイク方法開発に取り組んでいます。資生堂ライフクオリティーメイクアップは肌の赤み・青み・濃いシミ、凹凸(傷・やけどあとなど)、がん治療などによる外見上の悩みをカバーするだけではなく、化粧によってお悩みをお持ちの方々の自信や勇気につなげ、自分らしく過ごせるようにサポートしています。
当社の持つ美容技術やノウハウといったリソースを活用し、資生堂ライフクオリティーメイクアップ活動のグローバル展開や化粧品事業の認知度向上を図っていきます。

- 活動の指標(KPI)と実績: 資生堂ライフクオリティーメイクアップ 活動展開国/地域
目標: 2021年 14か国/地域 実績: 2018年 4か国/地域  2017年 4か国/地域 2016年 4か国/地域
- 活動の指標(KPI)と実績: 社員の社会貢献活動参加人数
目標: 2022年 2,000名 実績: 2018年 757名 2017年 1,553名 2016年 1,390名

  

ジェンダー平等の推進

資生堂はジェンダーギャップの解消に向け、社内外で女性活躍推進、ジェンダー平等の促進のための取り組みを展開しています。
社内では2020年末までに日本国内の女性管理職比率40%を目指し、リーダーシップ研修などのプログラムを推進しています。 また、2017年からは若年層を対象としたジェンダー平等啓発プログラムを推進し、2019年は全国41校、約900人の学生を対象にワークショップを実施しました。
資生堂はこれからも性別問わず自分らしく能力を発揮できる社会の実現を目指していきます。

  • ジェンダー平等啓発プログラムは2020年3月末をもって終了

- 活動の指標(KPI)と実績: 女性管理職比率(日本国内)
目標:2020年末までに40%
実績:32.3%(2019年1月1日時点)

- 活動の指標(KPI)と実績: ジェンダー平等啓発人数
目標:2017-2019年 1,500名
実績:2019年 1,400名、2018年505名、2017年500名(累計:2,405名)

  

資生堂ライフクオリティー ビューティーセミナー

日本の社会課題である少子高齢化、老々介護、格差社会、労働人口の減少などを背景に自社の強みである「化粧のちから」を活用し、ダイバースビューティーの考えのもと、あらゆる方々(就活生、社会人、高齢者、障がい者、がん患者含む)に対し持続可能な活動として、地域に根付いた資生堂ライフクオリティー ビューティーセミナーを開催しています。また、高齢者と接する機会のある方々(医療・介護スタッフ、ボランティアスタッフ、一般の方等)に「化粧療法」を学んでいただき、実務に生かせるよう、「化粧療法」の担い手の育成も行っています。

- 活動の指標(KPI)と実績: 資生堂ライフクオリティー ビューティーセミナー開催件数
目標: 2019年 3,300件 実績: 2018年 4,457件 2017年 4,705件 2016年 4,522件

  • 2019年より実施方針変更