1. Home
  2. サステナビリティ
  3. ダイバーシティ&インクルージョン Empower Beauty

サステナビリティ/CSR
Sustainability/CSR

UN Womenとの連携・ジェンダー平等の推進

UN Womenとの連携

資生堂は日本企業として初めてUN Womenと契約を締結し、日本においてジェンダー平等を推進するリーダーとして活動することを約束しています。

UN Womenとの取り組み

資生堂は、2017年、日本企業として初めてUN Women(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)と契約を締結し、ジェンダー間の格差が根強く残る日本において、ジェンダー平等を推進するリーダーとして活動することを約束しました。今回の契約は、女性の活躍を積極的に推進してきた資生堂と、世界中でジェンダー平等と女性のエンパワーメントに取り組むUN Womenの想いが一致したことから実現しました。今後は、UN Womenが推進する「HeForShe」キャンペーンの社内外への浸透に加えて、若年層とともにジェンダー課題の解決策を考えるワークショップを通じて、性別問わず自分で自分の人生を選択し能力を発揮できる社会の実現を目指します。

【関連リンク】資生堂ニュースリリース

UN Women

HeForSheとは?

HeForSheは、UN Womenによるジェンダー平等のための連帯キャンペーンです。
2014年にスタートし、女性だけでなく男性や世界中の全ての人々が主体的に関わることを目指した取り組みです。

HeForSheの詳細についてはこちら(target_blank)

このキャンペーンでは賛同いただける方の署名を募っています。 私たち一人ひとりの想いや行動がジェンダー平等を実現する大きな一歩となります。

資生堂では2017年から全世界の社員にむけて告知活動をスタート。2,230名の社員がこの活動に賛同し、署名しています。

賛同いただける方はHeForSheへの署名(target_blank)にご協力ください。

HeForShe

ジェンダー平等の推進

高校生を対象としたジェンダー平等啓発ワークショップ開催

資生堂は、「ジェンダー平等」を社内外で推進することで、全ての人が輝く社会の実現を目指しています。
なかでも、ジェンダー課題が根強く残る日本社会において、2017年よりUN Womenと連携し、これからの未来を担う若年層を対象とした「ジェンダー平等啓発ワークショップ」を推進しています。
このワークショップは、身近なジェンダー課題を学び、人々が固定概念に縛られず自分らしく生きるためにはどうしたらよいかを議論し、解決策を社会に提言するプログラムです。

2019年10月6日に、UN Womenとの共催で、高校生によるジェンダー課題の解決策を提言するイベントを東京の国連大学で開催しました。今年度は「SDGsの課題をジェンダー平等の観点から考える」をテーマとして、日本全国の高校33校、約670名の学生が本プログラムに参加しました。イベント当日は、厳しい選考を通過した代表校8校が登壇し、ジェンダー課題の問題提起から解決策、そして自分達ができることを提言しました。
すでに課題解決のための活動を実行している学校も多くあり、講評者として出席した行政、民間企業、NPOの方々からは「みなさんの活動に大変感銘を受けた。今後もジェンダー平等推進リーダーとして役割を担ってほしい」と高校生を激励するコメントをいただきました。

ワークショップに参加した高校生からは、「ジェンダー問題について、様々な視点から考えることができた。他校のプレゼンを聴き、私たちに出来ることはまだまだあると思った。」、「様々な講評をもらい今後も活動を継続していくモチベーションになった」、といった頼もしい声が多く聞かれました。
資生堂はこれからも、未来を担う若い世代とともに、ジェンダー平等をはじめとする真のダイバーシティ社会の実現に向けて活動していきます。

 参加した高校生たち

参加した高校生たち

高校生による発表の様子

高校生による発表の様子

2018年度ワークショップの様子

2018年度ワークショップの様子

目標と実績

  • ・ 目標:2017-2019年で1,500人に対してジェンダー平等を啓発する
    (2019年度10月末時点 実績:910人、累計1,915人)

  • ・ 2019年度実績:日本全国33校の高校生を支援

重点活動テーマ
CSR(社会的な責任)を
果たすための基盤
関連情報
スペシャルコンテンツ