1. Home
  2. サステナビリティ
  3. サステナビリティトップコミットメント

サステナビリティトップコミットメント

 
社会価値の創造を通じ、サステナブルなより良い社会を実現します 取締役 常務 青木 淳
 

よりよい世界を実現する
「Sustainable Beauty Initiative」

資生堂は、1872年創業当初から、まだ見ぬ新たな価値を探求し、社会に普及させ、社会価値を創造してきました。日本初の民間西洋風調剤薬局、その後のソーダファウンテンの導入、そして化粧品事業も、西欧の生活文化を日本の社会へ取り入れ、新たな価値として確立させたものです。

私たちの社名は、中国の古典「易経」の中の節「至哉坤元 万物資生(大地の徳はなんと素晴らしいものであろうか、すべてのものはここから生まれる)」に由来しており、私たちの継続的な事業活動は、豊かな自然や環境の持続性があってこそ成り立つという価値観が常に根底にありました。ですから、「企業活動は経済価値のみならず、社会価値の創出も重視される。企業が発展していくためには社会の継続性に寄与していかなければならない」という信念のもと、よりよい社会へ向かう好循環を実現すべく多様な活動に取り組んでいます。

その好循環を生み出すのが、私たちの企業使命「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」の実現です。社会で重視されるESG(環境、社会、ガバナンス)に、当社の強みである「Culture(文化)」を含む「ESCG」を当社のサステナビリティ戦略の中心においています。ビューティーカンパニーならではの重点領域を定義し、よりよい世界の実現に向けた取り組み「Sustainable Beauty Initiative(サステナブル・ビューティー・イニシアティブ)」を推進していきます。各領域で目指す姿は以下のとおりです。

環境:Clean Environment

美を心から楽しめる、豊かな地球環境へ。

社会:Respectful Society

美で勇気づけ、違いを認め合い、尊重し合う社会へ。

文化:Enriched Culture

美を変革する力で新たな価値を創り、心豊かな未来へ。

ガバナンス:Trustworthy Governance

すべてのステークホルダーに真摯に向き合い、
経営の透明性、公正性、迅速性を維持・向上するよう努めます。

環境領域においては、さらなる持続的な成長を目指しCO₂排出量やパーム油、紙や水資源等の環境負荷項目について削減目標と達成時期を定め、注力しています。特に気候変動に対する対応を優先事項の1つとして捉え、2019年4月に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に賛同しました。環境対応パッケージの開発による海洋ゴミ問題の軽減なども取り組みを強化していきます。また、高い評価を得ている日焼け止め技術により、強い紫外線がもたらす悪影響から人の肌とからだを守ります。

社会領域においては、まず日本社会の課題である女性活躍の推進をリードします。現在は、当社の国内の女性管理職比率を2020年末には40%に高めることを目指しています。加えて、女性役員比率の向上を目指す「30% Club Japan」の初代会長に当社社長兼CEOの魚谷が就任し、ジェンダーギャップ指数が世界で121位という日本の現状のなか、他の日本企業と協業をしながら女性活躍を阻む要因となる本質的課題の解決に取り組みます。また、グローバルではビューティーカンパニーならではの美容の力で人々をエンパワーする活動を抗がん剤治療の後遺症による肌色変化を含めた、肌や外見に深いお悩みをもつ生活者や、高齢者の方に向けて拡大していきます。

当社の強みである文化領域においては、これまで創出してきた企業文化やDNAをグループ社員に継承し、資生堂らしさを共有することによって結束を強め、時代の変化とともに自己変革を繰り返してきたイノベーション力を呼び起こします。それによって新しい美の感性を探求・発見し、事業との協働を通じて新たな価値創造を行います。

ガバナンスにおいては、取締役会がグループの業務執行に対して監督機能を発揮するモニタリングボード型を採用し、グローバル経営の質を高めるため、多様性に富むメンバー構成としています。また、お客さま、生活者の声に真摯に耳を傾け、「Bad News Fast」の合言葉で常に問題点を提起し、議論する透明性を保っています。

資生堂は、これらを「ESCG」の重要な要素として、100年先も輝き続け、そして世界で最も信頼される、日本発のグローバルビューティーカンパニーを目指します。

  • 出典:世界経済フォーラム(World Economic Forum)「The Global Gender Gap Report2020」(2019年12月発表)

常務
チーフソーシャルバリュークリエイションオフィサー 青木 淳

 青木 淳 サイン

マテリアリティ(重要課題)

ビューティーカンパニーならではの社会価値創造の枠組みとして、ステークホルダーへのヒアリング、ディスカッションをもとに、2019年に資生堂グループのマテリアリティ(重要課題)を定めました。全てのステークホルダー(お客さま、取引先、社員、株主、社会・地球)へのインパクト、ビジネスへのインパクトの2軸から課題を分類し、優先順位をつけ、18個のマテリアリティを選定しました。その上で、環境(Environment)、社会(Society)、文化(Culture)の3つのジャンルで社会価値を再定義しました。

尚、整理された各課題項目やその位置づけについては、サステナビリティに関して専門的に取り扱う経営会議「サステナビリティ コミッティ」などでの議論により、重点テーマを随時検討しています。

資生堂グループのマテリアリティマップ(2019年改訂)
 

以下のプロセスを実施しマテリアリティを特定しました。

Step1>全てのステークホルダーからの期待や要請などをさまざまな視点で社会的課題を抽出

  • 国内外で活躍する環境・社会領域の有識者

  • お客様さまの声を収集(世界5カ国で実施した企業調査)

  • 外部調査結果・主要国際機関の報告書(GRI・SASB・SDGsなど)・IR投資家の声

  • 役員および社員からの声(国内外)

Step2>リストアップした課題を事業と関連性の高いものに絞りこみ、さらに分析

  • 役員や社内の幅広い部門とのディスカッションにより、事業と関連性の高い課題項目に絞りこむ

  • 全てのステ-クホルダー(お客さま、取引先、社員、株主、社会・地球)にとっての重要性と、資生堂ビジネスにとっての重要性の2軸でスコアリングし、重要項目を選定

  • 役員とその重要項目に関する課題と戦略アクションについて確認

Step3>特定した重要課題は経営会議にて承認

資生堂が取り組む社会課題とSDGsの目標番号

私たちはSustainable Beauty Initiative(サステナブル・ビューティー・イニシアティブ)を推進し、SDGs (Sustainable Development Goals)の達成に貢献します。

SDGsとの関連

資生堂が取り組む社会課題とSDGsの目標番号
 

サステナビリティ推進体制

資生堂では、サステナビリティの推進は全社をあげて、ブランド・地域の販売事業・コーポレート部門など部門横断で取り組んでいます。

  • 2019年に、これまでにあったサステナビリティ戦略とCSR、企業文化の3つの機能をまとめ、社会価値創造本部を設置しました。社会価値創造本部では、①グループ全体での注力すべき活動分野を定め、②全社が一丸となって達成すべき目標やKPIを定め、③社内外に実現をコミットし、④進捗をモニターしながら必要に応じてサポートし、⑤社員を中心にステークホルダーを啓発しています。

  • 2020年には、当社におけるサステナビリティの重要性から、専門的に取り組みを扱う経営会議として「サステナビリティ コミッティ」を新たに始動しました。グループ全体のサステナビリティに関する戦略や方針、具体的活動計画について意思決定をし、また進捗状況をモニタリングするなど定期的に開催しています。出席者は、CEO(最高経営責任者)をはじめ、経営戦略や財務、人事・R&D・サプライネットワーク・広報・ブランドホルダーなどの各領域執行役員、及び監査役で構成され、迅速に経営判断を行い推進できる体制をとっています。課題によってそのほかの役員も含まれます。

  • 特に重要な事項は、取締役会に報告し、承認を得ています。

国際的な規範への賛同・支持

国際的な規範への賛同・支持[PDF:490KB]