資生堂商品の展開を決定するダイナミズム

ホールセール営業とは、卸流通部門の営業のこと。私は主に卸店や小売店への販売推進を行っています。具体的には、卸店と協同し、「TSUBAKI」「専科」「SEABREEZE」などの日用品の売場提案を行い、売場展開させる仕事です。ホールセール営業の面白さは、資生堂の商品が何百店という店舗で展開できるかどうかという重要な決定が一度の商談で決まることです。このようなダイナミックな営業活動の中で商談を決めるためには、卸店とタッグを組み、創意工夫をしながら提案し、売場展開をしていくことが欠かせず、また仕事の醍醐味でもあります。その後、実際に展開した売場に足を運び、お客さまが喜んで商品を買われていく姿を見ると、次もがんばろうという活力が湧きます。

誰よりも踏み込んだ提案で、信頼を獲得する 誰よりも踏み込んだ提案で、信頼を獲得する

誰よりも踏み込んだ提案で、信頼を獲得する

営業担当として重要なことは、「競合メーカーに勝つ」ということ。そこで私は、どのメーカーよりも信頼される営業担当になることを目標に日々の営業活動を行っています。競合他社の状況や市場環境を踏まえた上で、お得意先さまの商品配置や売上データを分析して商品の提案を行いますが、お得意先さまの店頭売上拡大のためには資生堂の商品のみならず、ときには他社メーカーも含めて提案することさえもあります。また以前には、外国人観光客の多いエリアのお得意先さまに対して、国/地域や購入されている商品の価格帯を調査した上で売場提案を行い、大きな実績につなげることができました。このように競合より深く入り込んだ提案をすることによって揺るぎない信頼を勝ち取り、お得意先さま、お客さま、資生堂の三者が満足できる営業活動を行いたいと考えています。

共に育て合う社風が息づいていることを実感 共に育て合う社風が息づいていることを実感

共に育て合う社風が息づいていることを実感

資生堂は創業時から人材育成に熱心な会社であり、「共育(共に育ち、育てあう)」宣言も発表しています。こうした「共育」の精神が、社員一人ひとりに根付いていることは、資生堂の魅力のひとつ。私も実際に入社して、制度だけではなく、日々の活動にも浸透していることを感じました。たとえば、私の事業所では昨年、新入社員の配属に合わせて、「共育プロジェクト」を実施しました。新入社員に指導するのはもちろんなのですが、私自身も自分のことを見直し、大いに成長することができたと感じました。さらに驚いたことには、私以外のプロジェクトメンバー全員が同じことを感じていたのです。「共育」という理念を共有し、お互いにアドバイスし、高め合える環境はとても魅力的だと感じています。

川西 雅人 川西 雅人

川西 雅人Kawanishi Masato

就職活動をしていく中では、初めての経験やプレッシャーにぶつかることもあり、不安になると思います。また、自分なりの「こだわり」があっても、周囲や環境の変化で焦りを覚え、「こだわり」を曲げてしまいたくなることもあると思います。私も不安を感じながら就職活動を行っていましたが、私なりの「こだわり」を持ち続けることで資生堂と出会うことができました。決して諦めずに挑戦を続けることで、みなさんの夢や目標が現実になります。熱意と笑顔を忘れずに頑張ってください。

[an error occurred while processing this directive]