生産ラインでの作業に従事。

原料・医薬部外品を担当。工場に納品されてくる中味原料が社内規格に適合しているかチェックするほか、新規取引先調査なども担当。医薬部外品に関わったことから、薬事法についての知識も習得。チームリーダー的役割を初めて経験。

販売試作品(サンプル)の設計計画を担う。

検査グループでの経験を活かし、薬事法に関連する業務全般を担当。

製造日程作成補助トラブル対応をはじめ、データ集積など庶務的業務を中心に。

新製品立ち上げ時、他部署と連携をとって販売までのスケジュールを管理。その他、販売に必要となる品質保証証明の取得など事務作業を担当。

化粧水、油脂製造現場サブリーダーとして現場復帰。この部署で初めてグループ、チームといった大きな枠での管理業務を行う。

製品の品質管理業務に携わる。

現職。グループのマネジメントが業務の中心。グループマネージャーとして技術的な部分とともに、工場全体の品質管理にも配慮したものづくりの基盤業務を行う。

気持ちを変えた上司のことば

入社当初はキャリアについてあまり深く考えることもなく、「管理職試験を受けられる程度までは仕事をがんばろう」としか思っていませんでした。ところが、製造部門でサブリーダーを任された時点で会社側から管理職試験受験を打診され、ある意味そこで私の目標は達成されてしまったのです。

それでも「もう少し、自分のできるところまでがんばってみよう」と気持ちが変わったのは、上司のことばがあったから。「後進となる女性社員のロールモデルともなってほしい」というひと言でした。私の中に、後輩を育てていきたいという気持ちもありましたし、一定の役職に就かないとできないこともある。それならば、と試験を受けることに決めたのです。

感度を磨き、未来のトレンドを読み取る 感度を磨き、未来のトレンドを読み取る

よりよいリーダー、マネージャーになるために

現在は、間違いのない確かな製品をお客さまの手元に届けることにつながる、工場全体のシステムづくり、それに関わる人づくりを行っています。とはいえ、現状維持を最善とするのではなく、時代や社会環境の変化に合わせて進化もしていかなければと思う。加えて、グループマネージャーであるからにはグループ内の管理はもとより、他部署とのスムーズな連携を実践するのも大切な役割となっています。

人とシステム、その両方を育てていくのは、やはり簡単なことではありません。けれどそれを実現させるべく、私自身もマネジメント等についての知識を吸収。本社との対話も重ねながら、資生堂がより良い方向へ進んでいくためには工場が何をしていくべきか、その点を探り続けているところです。

チャレンジを恐れず、個性的なメイクを提案 チャレンジを恐れず、個性的なメイクを提案

経験と、周囲の助力が私の支え

異動を繰り返し、さまざまな業務に触れてきたのは、結果として大きな学びになりました。現場作業や管理業務、あるいは管理業務を支える事務的作業などまで経験できたため、多角的な視線で「目の前にある仕事」を捉える目が養えたと感じます。

大きく工場全体を見ることが求められている今、これまでの経験にむだなものは何ひとつなかったといえるでしょう。また、そこから組織の中においては、自分ひとりでできることは限られているとも実感。グループマネージャーとなった今も、周囲と協力、その力に助けられながら業務を行っていると感じる毎日です。

ヴラドゥ オアナVrado Oana ヴラドゥ オアナVrado Oana

馬本 晶代Umamoto Masayo

大阪工場 生産技術職

工場では年4回、上司と面談をする機会があります。業務の現状について、今後のキャリアについてなど、話の内容はさまざまですが、私はそれ以外にも日々の業務で気になったこと、こうしたらもっと状況が改善できるのではと思うことなどを頻繁に伝えるようにしてきました。そこから私の「仕事への取り組み方」が伝わったのかもしれません。だから私も、過去の自分を思わせる周囲からの提言は、常に歓迎しているつもりです。