1. Home
  2. 採用情報
  3. 障がい者採用
  4. 障がい者雇用の取り組み

障がい者雇用の取り組み

障がい者雇用のポリシーに沿った具体的な取り組みは次の通りです。

採用面では、障がいを考慮した選考プロセスでの工夫、障がい者専用のインターンシップの実施、特定の職場ではなく様々な職場への配属、障がい者の配属が無かった新たな職務へのチャレンジなどを推進しています。
また、入社後の定着・活躍サポート面では、障がいの有無に関係なく実施している研修やOJT以外に、障がいに合わせた就労支援機器導入、様々な障がいを考慮したオフィス設備の整備、配属部門と人事部の障がい配慮に関する事前打合せ、フォロー面談(本人と人事部、人事部と直属上司)、マネージャーや全社員など受講対象者別の障がい理解促進研修の実施などを推進しています。
更に、制度面では障がい者通院休暇を準備し、働きやすさを促しています。

<資生堂の障がい者雇用率>2021年6月1日現在

株式会社資生堂 3.3%

国内資生堂グループ 2.4%

※その他の資生堂のデータはこちら

採用担当者からのメッセージ

皆さん、こんにちは。障がい者採用担当者です。
資生堂では、障がいのある皆さんが活躍できる場所がたくさんあります。
資生堂の取り組みに共感していただける皆さん、是非資生堂で一緒に働きましょう!
会社説明会や選考会で皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

採用担当者

<採用担当者>